“フェンス”を隔てた友情に感涙必至 『縞模様のパジャマの少年』ワンシーンが到着

最新ニュース

『縞模様のパジャマの少年』 -(C) 2008 Miramax Film Corp All rights reserved.
  • 『縞模様のパジャマの少年』 -(C) 2008 Miramax Film Corp All rights reserved.
『ブラス!』、『リトル・ヴォイス』などの名作で知られる、イギリスを代表する監督の一人、マーク・ハーマン。彼が5年ぶりの新作として、戦時中のドイツを舞台にホロコーストの真実を描いた感動作『縞模様のパジャマの少年』が8月8日(土)より日本で公開を迎える。ナチス将校を父に持つ少年と収容所に暮らすユダヤ人少年の“フェンス”越しの友情が、戦後60余年を経たいま、人間のもたらした悲劇を鋭く突きつける。2人の少年の間柄を語る象徴的なワンシーンの映像が、公開に先駆けてシネマカフェに到着した。

主人公は、ナチス将校の父に持つ8歳の少年・ブルーノ。父の昇進により、家族と共に近所に誰も住んでいない殺風景な土地に越してくる。ブルーノは、遊び相手もなく退屈のあまり裏庭へと飛び出し、そこでフェンスで囲まれた奇妙な<農場>を発見。そこには、昼間なのに縞模様のパジャマを着て座り込んでいる、ひとりの少年がいた。少年の名はシュムエル。彼らは次第に友情を育んでいくが、時代の狂気は残酷にも2人の前に立ちはだかる——。

無垢ゆえに真実を知らないブルーノ。“フェンス”の向こう側には何があるのか? 愛情深い父が隠している真実とは…? 8月15日の終戦記念日を間近に控え、改めて戦争について考えるきっかけとなる一作になりそうだ。『縞模様のパジャマの少年』は8月8日(土)より恵比寿ガーデンシネマほかにて公開。

こちらの映像は『縞模様のパジャマの少年』作品情報ページでもご覧いただけます。
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/22352/
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top