リーアム・ニーソン、愛妻急逝後初めてのレッド・カーぺットに悲しみをこらえて登場

最新ニュース

『Five Minutes of Heaven』のニューヨーク・プレミアに出席したリーアム・ニーソン -(C) Reuters/AFLO
  • 『Five Minutes of Heaven』のニューヨーク・プレミアに出席したリーアム・ニーソン -(C) Reuters/AFLO
今年3月、妻のナターシャ・リチャードソンがスキー中の転倒事故で急逝する悲劇を経験したリーアム・ニーソンが11日、最新作『Five Minutes of Heaven』(原題)のニューヨーク・プレミアに出席、トライベッカ・グランド・ホテルで妻の死後初めてレッド・カーペットに立った。

イベントに先立って、リーアムのパブリシストからメディアに対して、リーアムへの個人的な質問は固く禁止というお達しが出されていたが、あるリポーターが映画のタイトルにかけて「あなたにとって天国とは?」と質問。するとリーアムは「息子たちといることだね。いま、そんな感じの生活を送っているよ」と、少し寂しげな笑みをたたえて答えた。

日本ではまもなく主演作『96時間』が公開になるが、この作品がアメリカで公開され、興行成績での健闘が評判になったちょうどその頃、愛妻の急逝という悲劇を経験した。動転していたのか、気が張っていたのか、葬儀のときなど毅然とした表情で、ときおり笑顔さえ見せていたが、5か月近く経った現在の表情は悲しみにうちひしがれ、魂が抜けたよう。幸い仕事も再開し、前進を始めたリーアムが元気を取り戻してくれるのを静かに待ちたい。



© Reuters/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top