O型ボケ役の料理人? 堺雅人「おにぎりに関して、自分の隠れた才能を発見しました」

最新ニュース

『南極料理人』 堺雅人 photo:HIRAROCK
  • 『南極料理人』 堺雅人 photo:HIRAROCK
  • 『南極料理人』 堺雅人 photo:HIRAROCK
  • 『南極料理人』 堺雅人 photo:HIRAROCK
  • 完成作品を観終わった後すぐに、ラーメンを食べに行ったそうです photo:HIRAROK
  • 「これからもエッジの効いたおにぎりを握り続けたい(笑)」とも photo:HIRAROK
  • 手料理を食べてみたい! photo:HIRAROK
「涼しげな」という表現がぴったりの笑顔をたたえてインタビュールームに現れた堺雅人。だが、網走での撮影は「涼しげ」どころではなかったらしく「マイナス15で風が吹いていて、笑ってるつもりじゃないのに、寒さで顔が引きつって笑顔に似た“何か”になってました」とのこと。『南極料理人』というタイトルの通り、極寒の南極基地で働く男たちのために食事を作る料理人・西村を演じた。「西村に対して、誰ひとりとして『いただきます』も『ありがとう』も言わないんですよね」と自らが演じた役柄の悲哀(?)を語りつつも、撮影をふり返るその表情は楽しげだ。

「サザエさん」と言ったら言い過ぎかもしれないが、家族の元を離れて極寒の地で暮らす8人の男たちのやり取りは、ごく普通の家庭以上に家庭的であるようにも感じられる。
「まず、台本を読んで面白いと思ったのは、南極という劇的な場所を舞台にしているのに、やっていることは全く劇的じゃない、というギャップですね。すごく贅沢な素材を使ってシンプルな料理を作るような面白さがあるなと感じました。西村に関して、監督からは『お母さんのような存在』という明確な指示はありました。擬似家族的に、一緒にご飯を食べているうちに、本当の家族っぽくなっていくという。ただ、僕自身としてはこの作品に関して、西村という役がどういう人間かということはあまり考えなかったですね。彼自身についてよりも、8人でこの作品を作っていく上で、どちらかというと一歩引いた、お客さんの目で見るようなつもりでいました」。

では役を離れて、8人の俳優の中での堺さんの役割は? と尋ねると、話は俳優陣の血液型に…。
「撮影中に気づいたんですが、豊原(功補)さんと、古舘(寛治)さん以外はみんなO型なんです。豊原さんはA型で、モジャモジャの主任(古館さん)はAB型。だから基本的に6人がボケで、豊原さんがいちいち突っ込んで、時々モジャモジャが面白いこと言うという感じで。そういう意味で僕は“ボケ5”くらいですね(笑)。豊原さんは『どうりで疲れるはずだよ!』って言ってました。豊原さんがいなかったらもっとバラバラだったでしょうね(笑)」。

映画のもうひとつの主役は料理、と言えるほど、おいしそうな料理の数々が南極基地の食卓に並ぶ。堺さん自身、料理の訓練を受けて撮影に臨んだということで「おにぎりに関して、自分の隠れた才能に気づきました(笑)」と誇らしげ。一方で「“あおり”と呼ばれる中華鍋を振る動作が難しかったです。コツは…自分の家のキッチンではやらないこと! 汚してもいいや、と思えるほかの人の家のキッチンで大胆にやることですね(笑)」とおどけたような表情を見せる。

さらに、この作品に出演し、料理人という他人をもてなすことを生業とする人間を演じて得た、意外な悟りとは…?
「まず、僕にはもてなすということが無理だと分かりました(笑)。『ありがとう』と言われるでもなく、他人の喜ぶ顔を楽しみに仕事をするということに対し、すごいなと思いつつ、僕には出来ない。自分がやっている俳優というのは“踊らされる”側の人間。料理を作る方ではなく、おいしそうにご飯を食べる方なんですね」。

こうした意識は「オファーを受けた際に、出演を決める自分の中での基準やきっかけは?」という質問に対する答えにも表れている。
「(基準は)ないです。基本的に選ばないですね。『これをやると面白いと思うんですよ』と声を掛けていただけるなら、そこに乗ってみたいって思うんです。僕の知らない人や面白いことがいろいろある。それを知ってみたいですね。これからやってみたい役? それもないです。僕自身が脚本を書いて、監督もやるならその問いも意味を持つと思いますが、そうでないなら、なまじそんなこと考えない方がいいですね」。

彼が自信を持って送り出す“おにぎり”にももちろん注目だが(手を伸ばしたくなること必至!)、その優しい笑顔の裏にある表現者・堺雅人の凄みを感じてほしい。

《photo:Hirarock》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top