デンゼル・ワシントンが大江戸線を司る! 一日運輸指令所長で「出発シマース」

最新ニュース

大江戸線の一日運輸指令所長に就任したデンゼル・ワシントン
  • 大江戸線の一日運輸指令所長に就任したデンゼル・ワシントン
  • 笑顔でアナウンス!
  • ビシッと敬礼!
  • 9年ぶり来日にファンは大喜び
  • デンゼルとなら地下鉄デートもOK?
  • 駅長と指令所長
白昼のニューヨーク市営地下鉄で起こった人質事件。何の、巡り合わせか事件の交渉役を務めることになった一介の地下鉄職員とハイジャック犯の息詰まる攻防を描いた『サブウェイ123 激突』が9月4日(金)に公開を迎える。この地下鉄職員・ガーバーを演じたデンゼル・ワシントンが9年ぶりに来日! 映画に因んで8月20日(木)、デンゼルが都営地下鉄大江戸線の一日運輸指令所長に就任し、同じく一日駅長(国立競技場駅)を務める西川史子とともに任命式に臨んだ。

デンゼルが登場すると、集まったファンからは大きな歓声が。これに笑顔で応え「久しぶりに日本に戻ってこれてうれしい。多くのファンに支えられて本当に感謝しています」と挨拶。今回、デンゼルが就任した運輸指令所長は、まさに映画の中でガーバーが所属する運行司令室に相当する役職。デンゼルは「実際に映画に参加して、彼らの仕事の大変さが分かりました。ここで働かれているみなさんに敬意を表します」と語った。

一日駅長の西川さんはデンゼルを目の前に興奮気味。「私はセレブなので、普段は地下鉄には乗りませんが(笑)、こんな素敵な方となら一緒に地下鉄に乗って、映画を観に行きたいですね」と語り、会場の笑いを誘った。

東京都交通局長の金子正一郎氏から任命証を、そして西川“駅長”から帽子を受け取り大喜びのデンゼル。この後、実際に駅務室に入り、本作の絵柄が車両全体にラッピングされた地下鉄が到着すると「電車ガ到着シマース!」、「電車ガ出発シマース!」とアナウンスし、指令所長の役目を果たした。

『サブウェイ123 激突』は9月4日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top