キアヌ・リーヴス、隠し子騒動に終止符を打つべく、DNA検査へ

最新ニュース

8月に、映画への投資についての話し合いのためチリを訪れたキアヌ -(C) Reuters/AFLO
  • 8月に、映画への投資についての話し合いのためチリを訪れたキアヌ -(C) Reuters/AFLO
キアヌ・リーヴスが、6月から起きている隠し子騒動に終止符を打つべく、DNA検査を受けることが明らかになった。

今年6月、カナダのトロントで、自分の産んだ4人の子供の中で少なくとも1人の父親はキアヌであると主張する46歳の女性が、彼にDNA検査を受け、月300万ドルの配偶者扶養費と月15万ドルの養育費という法外な金額の支払いを求める訴えを起こした。カナダ出身のキアヌの幼なじみを自称するカレン・サラという女性だが、キアヌは彼女が誰か知らず、会ったこともないという。

女性の産んだ4人の子供たちはみな成人していて20代半ばを迎えているが、彼女はキアヌの言い分に反して、いままで彼はずっとコンタクトをとってきたとも話している。

キアヌ側は、女性の主張はデタラメだと断言、彼女の思惑に乗らないよう、各メディアに訴訟のニュースを大きく取り扱わないように注意喚起していたが、事態はなかなか収まらず、芸能サイト「TMZ.com」によると、弁護士の1人がキアヌに、DNA検査を受けて事実をクリアにし、終止符を打つべきだとアドバイスしたそうだ。キアヌは今後1か月以内に検査を受ける予定だという。



写真は8月に、映画への投資についての話し合いのためチリを訪れた際のもの。

© Reuters/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top