松田翔太&高良健吾が競演! 孤児院育ちの荒削りな若者演じる青春ムービーが来春公開

最新ニュース

『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』 -(C) 2009「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会
  • 『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』 -(C) 2009「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会
  • 『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』 -(C) 2009「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会
いま最も勢いに乗る、若手注目俳優、松田翔太と高良健吾が、血よりも濃い絆で繋がった“兄弟”役で競演! 初監督作品『ゲルマニウムの夜』('05)が第59回ロカルノ国際映画祭のコンペ部門に出品され、鮮烈なデビューを飾った大森立嗣の最新作『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』が2010年の初夏に公開される。現代日本社会を生きる等身大の若者役に挑戦するふたりのタッグに注目が集まる。

松田さんが演じるのは、孤児院で育ち解体現場で働きながらも、安い賃金や過酷な労働に行き場のない苛立ちを抱えている青年、ケンタ。また、ケンタと兄弟のように育ったジュンを、『蛇にピアス』『南極料理人』『ソラニン』など出演作が相次ぐ注目俳優の高良さんが熱演。好転の兆しの見えない生活に耐えかねたケンタとジュンはある日、一つの決断をするに至る。かすかな希望を携えて、ふたりの旅が始まる——。

松田さんは、「自分を意識せずに作品の中に生きられたことをスタッフに感謝してます。俳優になる前からずっと、このスタッフと仕事がしたかったので、夢が叶って嬉しいです。有言実行のスタッフだったので、僕も勝負が必要でした」とコメント。ほかにも、カヨちゃん役に、奥田瑛二の次女で資生堂「TSUBAKI」のCM出演や『愛のむきだし』など多くの個性的な作品に出演して注目を集める新人・安藤サクラが演じるほか、柄本明、小林薫などベテラン俳優陣が脇を固める。

本作は、大森監督のオリジナル脚本によって誕生した、本格派青春映画。11月21日(土)より開催される第10回東京フィルメックスにて特別招待作品で上映されたのち、2010年初夏、新宿ピカデリー、ユーロスペースほか全国にて公開される。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top