矢口、“永遠LOVE(トワラブ)”大使就任式でいきなりの二股宣言?

最新ニュース

“永遠LOVE(トワラブ)”大使・矢口真里とゲストの鏡リュウジ
  • “永遠LOVE(トワラブ)”大使・矢口真里とゲストの鏡リュウジ
  • 永遠の愛を応援!
元モーニング娘。矢口真里が、世界的な人気シリーズ『トワイライト』を応援する“永遠LOVE(トワラブ)”大使に就任。第1作『トワイライト〜初恋〜』のDVD発売、および待望のシリーズ第2作『ニュームーン/トワイライト・サーガ』の公開を控え、大使就任式に臨んだ。

“永遠LOVE(トワラブ)”とは、劇中のベラ(クリステン・スチュワート)とエドワード(ロバート・パティンソン)が見せる純愛にちなんで名付けられたもので、見返りを求めない愛を永遠に大切にしたいと願う恋愛のこと。大使に就任した矢口さんは、劇中の2人の恋に、かなり感情移入しているようで「(2人の恋愛が)心からうまくいってほしいな、と思います!」と切実に語った。

一方、ベラを取り巻く“運命の”エドワードと、幼なじみで一緒にいると落ち着くジェイコブ(テイラー・ロートナー)、どちらに惹かれるか? という質問には「これはかなり難しい質問ですね…。あぁ、どっちだろう?」と悩んだ挙句、「できれば、お2人と…」と“永遠LOVE”大使らしからぬ二股宣言! 「ジェイコブは結婚したいタイプで、エドワードは大恋愛したいタイプ」とのことだが…。

この日は、ゲストとして占星術研究家の鏡リュウジも登場したが、鏡さんは、矢口さんのこの決断を、矢口さんの誕生日について絡めつつ「山羊座と水瓶座の境界にいらっしゃるんですよ。どちらかというと、安定を求める山羊座タイプ。でも、誰しもトキメキを求める部分と安定を求める部分、どちらの要素も持っているものですよね」と優しくフォロー。すると、矢口さんは「常に障害を与えてくれる、落ち着きのある…運命の人」というムチャな理想を語り、会場を沸かせた。

鏡さんはシリーズの今後の展開について、「エドワードは完璧すぎるので、ジェイコブにがんばって一矢報いてほしい。ギャフンと言わせてほしいですね」と占星術研究家というよりも、ひとりの男性としてジェイコブにエールを送っていた。

最後に矢口さんは「少なくなってきている純愛を伝えていきたい」と大使としての意気込みを語り、イベントは幕を閉じた。

『トワイライト〜初恋〜』DVD&ブルーレイは9月18日(金)より発売。『ニュームーン/トワイライト・サーガ』は11月28日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top