キアヌ、ペネロペ…カンヌで300人を撮った写真家来日 北野武も華麗なジャンプ

最新ニュース

アレックス・マヨーリ「ONE JUMP!」来日記者会見
  • アレックス・マヨーリ「ONE JUMP!」来日記者会見
東京・銀座のフォトギャラリー「RING CUBE(リング キューブ)」にて、9月2日(水)よりマグナム・フォト所属アレックス・マヨーリの写真展「ONE JUMP!」が開催中。13日(日)には来場者10万人を突破した。14日(月)、アレックス・マヨーリが来日し、東京での写真展開催について語った。

この「ONE JUMP!」は、2007年、カンヌ国際映画祭60周年と写真家集団、マグナム・フォト創設60周年を記念したコラボプロジェクト。報道写真をメインとし、セレブリティを撮る例があまりないマグナム。その中で、「LIFE」誌(現在休刊)の表紙など、各界著名人を数多く撮影していたマヨーリのマグナム・フォトの先輩、フィリップ・ハルスマンの名作「Jump」へのオマージュとして、「ONE JUMP!」がスタートした。写真展開催は、1回目のパリ展に続いて、今回が2回目となる。

マヨーリはカンヌで、スターたちが報道陣の前を通り過ぎたあと、記者会見会場に向かうコースの途中にテントのような小さなスタジオを設置。彼らをつかまえ、とにかくジャンプしてもらうように頼んだ。最終的に撮影したのは約300人。その一部が今回の写真展で展示されている。

「ジャンプをする瞬間は、その人を覆っているニセモノの仮面が剥がれ、本当のその人が現れる」と話すマヨーリ。中でも最も印象的だったのは映画監督の故シドニー・ポラックと、ヴィム・ヴェンダースだという。「シドニーは本当に優しい紳士で、レッドカーペットに向かう前にスタジオに寄ってくれたんだ。ヴィムは私のスタジオのことを聞きつけ、自らぜひ参加したい、とカンヌを発つ空港へ向かう途中にスーツケースを持ったまま来てくれたよ」。世界に名を馳せる日本人監督、北野武も参加。「キタノももちろん、映画監督はみんなプロジェクトを気に入ってくれて、積極的に参加してくれたよ。どちらかというと、俳優はジャンプしている間でも、自分をコントロールして、良く見せようとしてしまうんだよね」。

展示されているのは、キアヌ・リーヴス、ブルース・ウィリス、クエンティン・タランテイーノ、ペネロペ・クルス、ソフィア・コッポラら憧れの映画人。それぞれのジャンプの仕方や表情に、思いがけない一面を発見することが出来るかもしれない。開催は10月4日(日)まで。


アレックス・マヨーリ写真展「ONE JUMP!」
期間:2009年9月2日(水)〜2009年10月4日(日)※休館日を除く
場所:RING CUBE ギャラリーゾーン
開館時間:11:00〜20:00(最終日17:00まで)
休館日:火曜日
入場料:無料
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top