小池徹平、撮影現場での品川の居眠りを暴露! 田辺誠一は意外な“暗黒面”を告白

最新ニュース

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』完成披露試写会
  • 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』完成披露試写会
  • 元ニートのマ男役・小池徹平
  • 会社で唯一の人格者・藤田さん役の田辺誠一
  • ブラックな面々
  • 初のサラリーマン役!
  • 意外なブラック奈一面を…
  • 恋愛一直線!
  • 出世欲の塊
恐らく、本年度公開される中で最も長いタイトルを持つ邦画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の完成披露試写会が15日(月)、都内で行われ、主演の小池徹平、田辺誠一、マイコ、品川祐、田中圭、中村靖日、千葉雅子、そして佐藤祐市監督が舞台挨拶に登壇した。

過酷な条件下で社員を奴隷のようにこき使う、問題企業を意味する“ブラック会社”。「何日も徹夜が続く」というのもその条件の一つだが、実際の撮影現場はどうだったのか? 小池さんは「撮影後半は、会社でのシーンをまとめ撮りしまして、朝来てからずっと夜のシーンを撮るということも多く、実際に眠くなりましたね。耐えられなくなる方もいて、特に品川さんが…」と、過酷な現場の様子を伝えつつ、品川さんの怠慢を暴露。

撮影現場はかなり和やかだった模様。品川さんは「(セットの)ソファあり、漫画ありで、漫画喫茶みたいだった。マイコちゃんが『ガンダム』をなぜか3巻から読み始めて、現場で『3巻がない!』って騒ぎになったことがありました」と負けずに暴露。マイコさんは苦笑を浮かべつつ「会話が無くてもまったりしてました。(撮影が)終わるのが寂しかったです」とふり返った。

田中さんは、出世欲が強い男の役を演じて「自分にも出世欲というものがあったんだと気づきました。いまは、(壇上の)もっとセンターの方に立ちたいという気持ちでいっぱいです」と中央に立つ、小池さんの方をチラリ。

舞台を中心に活躍する千葉さんは「劇団というのは相当、ブラック度が濃いですね。この映画に出て、劇団を立ち上げた頃、なぜ団員が居つかなかったのか理解できました」と反省の弁。

田辺さんは、次々と話題の映画やドラマに出演。その過密スケジュールはブラック会社の従業員並みだが、曰く「いかに自分が大変かをアピールすること。つらそうにして、『大丈夫?』と声を掛けられたら『大丈夫だよ、がんばろう!』ってワンクッション置く」のがうまくやりぬくコツなのだそう。さわやかな田辺さんだが、意外とブラックな一面を垣間見せた。

“社内での不純異性交流が多い”というのも、ブラック会社に当てはまる条件の一つだそうだが、中村さんにそんな現場を見かけたら? と尋ねると「お腹が痛くなっちゃうと思います。しかも、そういう場合、女性の方は自分が『ちょっといいな』とか思ってた人だったりするんですよね…。それでますますお腹が痛くなりそうですね」と演じた役柄そのままのキャラクターで答え、会場を笑いに包んだ。

「泣けて笑える素敵な作品に仕上がってます」と小池さん以下キャスト陣、監督が自信を持って送り出す『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』は11月下旬、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top