フルCGのミッキー・カーチスが見どころ? 『パンドラの匣』宮城先行公開

最新ニュース

『パンドラの匣』宮城先行上映の舞台挨拶
  • 『パンドラの匣』宮城先行上映の舞台挨拶
太宰治の同名小説を映画化した『パンドラの匣』が9月26日(土)、撮影が行われた宮城県で全国に先駆けて公開を迎え、仙台フォーラムにて染谷将太、川上未映子、仲里依紗、ミッキー・カーチスに冨永昌敬監督による舞台挨拶が行われた。宮城県南三陸町周辺でのオールロケが敢行された本作。この日の会場には本作に参加した大勢のエキストラも駆けつけ、アットホームな雰囲気の中で進められた。

主人公のひばり役の染谷さんは、劇中では坊主頭だったが「髪も伸びて、宮城県に帰ってくることができて嬉しいです」と笑顔を見せた。

年上の魅力的な看護婦・竹さん役で銀幕デビューを果たした川上さんは「お芝居は『じっとしていることがこんなにも難しいのか』と思いましたが、勉強になることばかりで、まだ興奮状態が続いています。監督が実際に動いて演技指導をしてくださったのですが、まるで本物の竹さんのごとく、かっぽう着を着ていらっしゃるかのように見えました(笑)」とユーモアたっぷりに現場の様子を伝えてくれた。

仲さんが演じたのは、どこか天然っぽさを感じさせる看護婦・マア坊。「文芸作品と言うと重たいイメージがありますが、私が楽しめた作品なので、若い方にもきっと楽しんでいただけると思います。制服の衣裳はとってもおしゃれでお気に入りでした。すごくポップで、観るとおしゃれ度がアップすると思うので、周りの人に映画のことを広めていただけたら嬉しいです」としっかりと映画をアピールした。

そして、ひばりらが暮らす健康道場の長の役を演じたカーチスさんも「最初にお話をいただいたときに“太宰治=暗い”、そして戦後に私の親が結核だったから『嫌だなぁ』と思いましたが、監督の前作(『パビリオン山椒魚』)を観て、これならいい、と思いました。この映画は画がきれい、音楽はゴキゲンで言うことない! 自信を持って『観てよ!』と言える映画ですね。意外とポップというところを、ぜひ吹聴してください」と呼びかけた。

冨永監督も、撮影地・宮城県への帰還に顔をほころばせつつ「ウソの情報でも良いので、周りに『100%CGがすごい!』とか、『フルCGのミッキーさんがすごい!』などなど言いふらしてお薦めしてください」と冗談を交えつつ作品をしっかりアピールしていた。

宮城県にて先行公開中の『パンドラの匣』。10月10日(土)よりテアトル新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top