竹内結子が阿部サダヲに“襲われ”て股間蹴りをキメた!? 『なくもんか』会見

最新ニュース

『なくもんか』記者会見。(左から)水田伸生監督、いしだあゆみ、竹内結子、阿部サダヲ、瑛太、塚本高史、宮藤官九郎 photo:Yoko Saito
  • 『なくもんか』記者会見。(左から)水田伸生監督、いしだあゆみ、竹内結子、阿部サダヲ、瑛太、塚本高史、宮藤官九郎 photo:Yoko Saito
  • よーく見ると似ている? photo:Yoko Saito
  • 阿部サダヲが出席者7名分のハムカツを調理! photo:Yoko Saito
  • 揚げたてのハムカツをほおばる瑛太&塚本高史 photo:Yoko Saito
映画『なくもんか』の完成披露会見が10月1日(水)、グランドハイアット東京で行われ、ヒロイン役の竹内結子が主演の阿部サダヲを相手に股間蹴りのアドリブ演技をキメたエピソードを明かした。

本作は、脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生ら人気作『舞妓 Haaaan!!!』のスタッフが再タッグを組んだホームコメディで、ハムカツが名物の惣菜屋の二代目店主・祐太(阿部さん)とその妻・徹子(竹内さん)、祐太の生き別れの弟・祐介(瑛太)ら“家族”の悲喜こもごもを描く物語。

阿部さんは夫婦役で初共演となった竹内さんの印象について司会者から聞かれると「撮影の初日がプロポーズのシーンだったんですが、激しいプロポーズで竹内さんの蹴りが股間の方に。そうするとノッてきますよね! 男優的には…」と目尻を下げてニヤニヤ。

隣で吹き出しつつ聞いていた竹内さんは、台本に股間蹴りとあったのか? との問いに「いえ、ありません。阿部さんがもの凄い勢いで覆いかぶさってきたものですから、何とか身を守ろうとしまして」とアドリブだったことを告白し、宮藤さんら関係者、共演陣、取材陣を爆笑させた。

阿部さんと兄弟という設定の瑛太さんは「最近共演したタレントさんとこの映画の話になり、『阿部さんと似てるよね』と言われました。何人かの方から言われたんです」と報告。阿部さんは「ホント? 似てる? どのあたり? さっき鏡見たけどやっぱり似てないよ。俺、直毛だし…。僕は誰にも言われていないなぁ」と一瞬しょんぼり。だが「でも、瑛太さんといると、温度が好きでとても居心地がいいです」と笑顔に。2人で顔を見合わせてうなずき合い、意外な? 相性の良さをうかがわせた。

一方で、質疑ではタイトルに引っかけた「最近“なくもんか”と思ったことは?」というベタベタな質問が。阿部さんは「この間、何度か共演したタレントさんから『はじめまして』と言われまして」。瑛太さん扮する祐介の相方の芸人・大介役の塚本高史は「夏、ウチのクーラーが壊れたんですよ。しかも2台同時に。なんで夏に壊れるんですかね? 売ろうとする作戦ですかね」。祐太の育ての親に扮したいしだあゆみは「ないですね。年を取ると喜怒哀楽が薄くなってくるんですよ」とベテラン女優らしからぬおトボケぶりで取材陣の笑いを誘っていた。

『なくもんか』は11月14日(土)より全国東宝系にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top