マイケル・ムーア『キャピタリズム』がN.Y.とL.A.限定公開で大ヒットスタート

最新ニュース

『キャピタリズム〜マネーは踊る〜』 -(C) 2009 Paramount Vantage, a division of Paramount Pictures Corporation and Overture Films, LLC
  • 『キャピタリズム〜マネーは踊る〜』 -(C) 2009 Paramount Vantage, a division of Paramount Pictures Corporation and Overture Films, LLC
何かと物議をかもすマイケル・ムーアの最新作『キャピタリズム〜マネーは踊る〜』がニューヨークとロサンゼルス限定で9月23日(現地時間)より公開され、オープニングでの1館あたりの興行収入が約60,000ドルという大ヒットスタートを記録した。

この数字はここ最近の同規模の作品『スラムドッグ$ミリオネア』の166%という数字で、ムーア監督の過去の作品と比べても『華氏911』の218%、『ボウリング・フォー・コロンバイン』の230%と並外れた数字であることが分かる。

本作は100年に1度と言われる世界同時不況の原因をムーア流に追究する“マネー・エンターテイメント”。ウォール街で$マークの入った大袋を手に「僕たちのお金を返してもらいに来たよ!」というセルフと共にアポなし突撃取材を展開する。

10月2日からは全米拡大公開を迎えるが、どこまで数字を伸ばせるか? そしてアメリカ以外の各国での反応は? 日本では12月、TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ 梅田にて限定公開、さらに1月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top