役所広司「お風呂でいつもアトムヘア!」 ASIMOもアトムの祝福に駆けつける

最新ニュース

『ATOM 』ジャパン・プレミア
  • 『ATOM 』ジャパン・プレミア
  • 日本版アトム・上戸彩
  • テンマ博士役の役所広司
  • 香港版アトム、イアン・グオ&香港版テンマ、アーロン・クォックと共に
  • “親子”そろって
  • アトムとASIMOの出会い
  • 手塚眞さんも感慨深げ
  • こちらはアトムヘアではなく、ボブで決めた
手塚治虫の不朽の名作「鉄腕アトム」をアメリカでフルCGアニメーション化した『ATOM』のワールド・プレミアが5日(月)、アトム誕生の地・日本で開催。日本語吹き替え版でアトムの声を担当した上戸彩に同じくテンマ博士の声を担当した役所広司、このプレミアのために来日したデヴィッド・バワーズ監督、手塚治虫の息子で本作の監修、宣伝プロデューサーを務める手塚眞らが来場した。

上戸さんは「この仕事をいただいたとき、ヒーローの役をやれることが嬉しくて『やるやる!』って感じでしたが、作品を観て切なくて、悲しくてでも温かくて…前もってこの物語を知っていたら、怖くて出来なかったかもしれません。ファンの方を悲しませないように懸命にやりました」と語った。役所さんとの共演については「一緒に収録というのはなかったんですが、今日、お会いして『テンマ博士がしゃべってる!』って感じです(笑)。役所さんの渋くてかっこいい声のおかげで、アトムの声を入れるときも落ち着いて親子の関係を出せたと思います」と笑顔を見せた。

役所さんは「僕は『アトム』で育ちました。お風呂ではいつも髪を“アトムヘア”にしていました」とおどけつつ「手塚さんのメッセージが、21世紀に映画としてさらに力強く伝わると思います」と胸を張った。役所さんにも上戸さんとの共演について聞いてみると「残念なことに僕の方が先の収録だったので、寂しくやってました…」と悲しそうに語り会場の笑いを誘った。

バワーズ監督は「ワールド・プレミアがこうしてアトムの故郷の日本で行われることを嬉しく思い、また、みなさんにご覧いただけることに興奮してます! この映画化において僕に対して信を置いて下さったことにも感謝しています」と語りかけた。

手塚眞さんは「本来ならこの場に手塚本人が立ってしかるべきなのですが、残念ながら“違う次元”で忙しくしておりまして(笑)。この映画に携わって、何度も作品を拝見しましたが、観るたびに涙しています。手塚の精神を感じさせる作品になっています!」と太鼓判を押し、監督、キャスト陣への感謝の言葉を口にした。

さらにこの日は、着ぐるみ(等身大以上)のアトムと共に、同じ“ロボット”つながりということで、Hondaの2足歩行ロボット、ASIMOが祝福に駆けつけ、上戸さんらに花束を渡した。これに合わせて少年たちによる鼓笛隊がおなじみの「鉄腕アトム」のテーマソングを奏で、大きな盛り上がりの中、プレミアは幕を閉じた。

『ATOM』は10月10日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top