“クヒオ”堺雅人、楽屋でドリフにハマる! 自ら「結婚詐欺に気をつけて」と呼びかけ

最新ニュース

『クヒオ大佐』初日舞台挨拶
  • 『クヒオ大佐』初日舞台挨拶
  • 『クヒオ大佐』 -(C) 2009『クヒオ大佐』製作委員会
  • 『クヒオ大佐』初日舞台挨拶
  • 『クヒオ大佐』初日舞台挨拶
  • この男にご用心!
  • 『クヒオ大佐』初日舞台挨拶
  • 『クヒオ大佐』初日舞台挨拶
  • 鼻が気に入った?
実在の希代の詐欺師が起こした結婚詐欺事件を元に作られた『クヒオ大佐』が10月10日(土)に公開を迎え、主演の堺雅人、松雪泰子と吉田大八監督を迎えて舞台挨拶が行われた。

堺さんは現在、新橋で上演中の舞台に出演しているが「共演者の俳優たちに『おい堺、渋谷にお前のものすごい大きな(本作の)ポスターが貼られてるぞ』と教えられました。今日はぜひ、それを見て帰ろうと思います」と挨拶。そのポスターはクヒオ大佐が騙した3人の女性たちに囲まれ笑顔で座っているという構図になっているが、このモテモテ男を演じてみての感想を尋ねると「最初にいただいた原稿(初稿)の段階では、中年男の悲哀があり、“美し悲しい”物語として男の体臭、息遣いが生々しく感じられたんです。それが稿を重ねるごとに少しずつ臭いが消え、空虚になっていったような気がします。いまでも『(クヒオとは)一体何だったのか?』とつかみどころがないですね」と語った。実際に完成した作品いについては「(演じているときは)フワフワとして不安でしたが、観てみるとそのとらえどころのない感じがうまく機能してると思いました」とホッとした表情を見せた。

吉田監督は、その堺さんについて「堺さんが取材で『現場が不安で苦しかった』とおっしゃっていたそうで、それを見た友人から『堺さんに何をしたんだ?』ってメールが来まして…。僕は和気あいあいと進めていたつもりでしたが、分かり合えてなかったのかな…」とネガティブ発言。堺さんが慌てて「和気あいあいとしてましたよ! 決して殺伐とはしてませんでした」と慌てて打ち消す一幕も。

松雪さんは、クヒオに騙される弁当屋の女社長・しのぶを演じたが、作品について「シュールである意味、ファンタジー。おかしな人たちが真面目に突っ走っていて、面白いと思います」と述べ、かなり多い入れに深い作品となったよう。撮影の思い出を尋ねると「楽屋で堺さんがドリフのDVDをずっと見てたのが印象に残っています」と語り、堺さんも思い出したように「あぁ、見てましたね(笑)。全然関係ないですけど、ずっと見てました」と笑ってふり返った。

監督と堺さんからは「初日の最初のシーンの松雪さんの表情を見て『ああ、これがしのぶなんだ』と思いました」と絶賛の声が。松雪さんに、しのぶはクヒオのどんなところを好きになったと思うか? と尋ねると「鼻ですかね…(笑)?」という答えが。堺さんはこの答えに「鼻なんだ!?」とかなり驚いた表情を見せた。

最後に堺さんは「最近また結婚詐欺の被害が増えているということですが、みなさん、どうかお気をつけください」と観客に呼びかけ、舞台挨拶は幕を閉じた。

『クヒオ大佐』は渋谷シネクイント、新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top