名監督×ハリウッドスター集結の『ニューヨーク、アイ ラブ ユー』が日本公開決定!

最新ニュース

『ニューヨーク、アイ ラブ ユー (原題)』 -(C) 2009 VIVENDI ENTERTAINMENT. All Rights Reserved.
  • 『ニューヨーク、アイ ラブ ユー (原題)』 -(C) 2009 VIVENDI ENTERTAINMENT. All Rights Reserved.
  • 『ニューヨーク、アイ ラブ ユー (原題)』 -(C)  2009 VIVENDI ENTERTAINMENT. All Rights Reserved.
  • 『ニューヨーク、アイ ラブ ユー (原題)』本国ポスター -(C) 2009 VIVENDI ENTERTAINMENT. All Rights Reserved.
名だたる映画監督たちに愛され、数々の名作が誕生してきた夢の舞台、ニューヨーク。世界各国の監督とハリウッド・スターが集結し、それぞれのこの街への想いを映画にした、オムニバス・ラブストーリー『ニューヨーク、アイ ラブ ユー』(原題)の待望の日本公開が、2010年2月に決定! さらに、迫る10月16日(金)の全米公開に先駆けて、本作のキービジュアルが解禁となった。

文化や流行の発信地であり、人種のるつぼのニューヨークを舞台に、出会いや別れ、様々な「愛」の物語を紡ぎだす本作は、パリの街を舞台に映画化され2007年に日本でも公開された『パリ、ジュテーム』にインスパイアされる形で製作された。ニューヨークと言えば、これまで夢や栄光、成功を追い求める映画の舞台として描かれてきたが、9・11以降は、人と人との繋がりが叫ばれる風潮の中で、人間味あふれる人々が出会う新たな町として描かれてきた。今回、監督それぞれの目に映る街の景色が、どんな映像や物語に反映されているのか楽しみなところ。

ナタリー・ポートマンの初映画監督&脚本でも話題を集める本作だが、日本からも岩井俊二、ほかにイヴァン・アタル(『フレンチなしあわせのみつけ方』)、アレン・ヒューズ(『フロム・ヘル』)、ブレット・ラトナー(「プリズン・ブレイク」製作総指揮)など多彩な顔ぶれが世界各国から集結。キャスト陣には、岩井監督作にオーランド・ブルームとクリスティーナ・リッチが、そのほかヘイデン・クリステンセン、シャイア・ラブーフ、アンディ・ガルシアなど錚々たる俳優陣がそろった。10篇にわたるオムニバス形式で、初恋や痛みを伴う愛、つかの間の愛、忘れられない愛、拒まれる愛、そして永遠に続く愛まで、様々な形の愛が描かれる。

『ニューヨーク、アイ ラブ ユー』(原題)は2010年2月、TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top