【TIFFレポート】『アバター』シガニー・ウィーバー、久々の来日に日本語で喜び

最新ニュース

『アバター』特別上映。(左から)ジョン・ランドー(プロデューサー)、ゾーイ・サルダナ、サム・ワーシントン、シガニー・ウィーバー  -第22回東京国際映画祭 公式上映の模様から
  • 『アバター』特別上映。(左から)ジョン・ランドー(プロデューサー)、ゾーイ・サルダナ、サム・ワーシントン、シガニー・ウィーバー  -第22回東京国際映画祭 公式上映の模様から
  • 『アバター』特別上映 -第22回東京国際映画祭 公式上映の模様から
  • 『アバター』特別上映 -第22回東京国際映画祭 公式上映の模様から
  • 『アバター』特別上映 -第22回東京国際映画祭 公式上映の模様から
  • 『アバター』特別上映 -第22回東京国際映画祭 公式上映の模様から
  • 『アバター』特別上映 -第22回東京国際映画祭 公式上映の模様から
  • 『アバター』特別上映 -第22回東京国際映画祭 公式上映の模様から
  • 『アバター』特別上映 -第22回東京国際映画祭 公式上映の模様から
華やかに幕を開けた第22回東京国際映画祭(TIFF)。オープニング・イベント後には、『タイタニック』を手がけたジェームズ・キャメロンによる話題の最新3Dムービー、『アバター』のフッテージ特別上映会が開催され、グリーンカーペット・イベントに続いて鳩山由紀夫首相も出席。上映前には主演のサム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバーによる舞台挨拶も行われた。

この日の上映は、完成作ではなく30分ほどの特別映像の上映となるが、完成前のフッテージ映像がTIFFで上映されるのは史上初めてのこと。12年前の1997年の東京国際映画祭で、これまた過去に例のない試みとして、本国アメリカよりも早いタイミングで、世界で初めてあの『タイタニック』が上映され、その後、歴史的な大ヒットを記録したとあって、今回の『アバター』上映会に対しても、本国の関係者たちも熱い視線を送っている模様。

まず場内に3D映像で、現在、ロサンゼルスで本作の完成に向けて作業中で、今回は来日できなかったキャメロン監督のビデオメッセージが上映され、観客は3Dメガネを掛けてメッセージを受け取った。曰く「97年に『タイタニック』を上映したときの感動は忘れません!」。そして『アバター』については「冒険と魂の旅が待ち受けています!」と期待を煽った。

続いて、キャスト陣が登場。ゾーイは覚えたての日本語で「ドウモ、アリガトウゴザイマス」とかわいく挨拶。サムは「オーストラリアなら、ひと言『グッダイ!』で決めるところですね(笑)。ご招待いただきありがとうございます」と笑顔で語った。そしてシガニーも日本語で「マタ、戻ッテ来レテ、Happyデス!」と挨拶。さらに、ここにはいないキャメロン監督について「ジェームズは、この素晴らしい物語を書き上げ、それを映像化するための技術までも作り上げました。この映画の全ての登場人物、生き物、植物のを彼が生み出したのです。この映画を作る過程でのジェームズは、日本語で言うところの“お菓子屋さんの中の子供”のようでした」と日本語を交えながら語り、惜しみない称賛を贈った。

鳩山首相の目に、果たしてこの日の特別映像はどのように映ったのか、気になるところ…。珠玉のキャストと最新の映像を駆使し、現在も完成に向けた作業が進む『アバター』。公開は12月18日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。

東京国際映画祭2009特集
http://blog.cinemacafe.net/special/091007/index.html
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top