【TIFFレポート】セクシー佐々木希、かわいい顔してやるもんだ! 監督が素顔暴露

最新ニュース

『天使の恋』舞台挨拶
  • 『天使の恋』舞台挨拶
  • 『天使の恋』舞台挨拶 TVカメラの求めに応じる登壇陣
  • 『天使の恋』舞台挨拶
  • 『天使の恋』舞台挨拶
  • 『天使の恋』舞台挨拶
  • 『天使の恋』舞台挨拶
  • 『天使の恋』舞台挨拶
  • 『天使の恋』舞台挨拶
佐々木希主演で人気ケータイ小説を映画化した『天使の恋』が特別招待作品として東京国際映画祭(TIFF)で上映され、舞台挨拶に佐々木さん、共演の谷原章介、そして寒竹ゆり監督が登壇した。

右肩を大胆に露出した白のかわいらしいドレスで登場した佐々木さんに客席からは大歓声が。今回、映画初主演を果たしたが、「演技経験もそんなになく、不安で『できるのかな?』という思いでした。最初は『できない』ってお断りしたんです。でも、監督にお会いして熱い思いが伝わってきて『やるしかない!』とお引き受けしました」とふり返った。

そんな佐々木さんについて谷原さんは「(共演は)『ハンサム★スーツ』に続いて2回目です。前回は彼女は映画は初めてで、当然、器用な演技はできないんですが、天真爛漫な役で、役柄と不器用さがマッチして本当に明るくてかわいらしかったです。今回の理央という役はいろんなものを背負っていて、(谷原さん演じる)光輝と出会うことで変わっていき、いろんなことを受け止められる女性に成長する。難しい役ですが、初日からクランクアップまで、(佐々木さんは)目覚ましい成長を遂げていき、隣でそれを目の当たりにし『人はこんなに変化するのか!』と思いました。花が開く瞬間に立ち会えて嬉しかったです」と手放しで称賛。

寒竹監督も「最初の本読みのときは正直、『どうしようか…?』と思いましたが(笑)、希はこんなかわいい顔して、メチャクチャ根性あるし、他人の話を素直に受け入れ、まずやってみる吸収力があった。それに谷原さんもすごい包容力で支えてくださいました」と称えた。

佐々木さんにはさらに、劇中の理央と光輝の関係のような18歳もの年齢差のある恋はありか? という質問が。佐々木さんは笑顔で「谷原さんのようなかっこいい男性なら全然ありです!」と即答。これには谷原さんも満面の笑みを浮かべた。

『天使の恋』は11月7日(土)より全国にて公開。

東京国際映画祭2009特集
http://blog.cinemacafe.net/special/091007/index.html
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top