ニコール・キッドマンがワシントンの公聴会に出席。女性に対する暴力根絶を訴える

最新ニュース

女性への暴力の廃絶を訴えるニコール・キッドマン -(C) Reuters/AFLO
  • 女性への暴力の廃絶を訴えるニコール・キッドマン -(C) Reuters/AFLO
国連における女性のための基金「ユニフェム(国連女性開発基金/United Nations Development Fund for Women)」親善大使を務めるニコール・キッドマンが21日、ワシントンD.C.のレイバーン下院議員会館で開催された女性に対する暴力の根絶を訴える公聴会「International Violence Against Women: Stories and Solutions」に出席、スピーチした。

ニコールは、女性に対する暴力について「政治的にも社会的にも最優先事項だと思われていないから」と、社会の関心が薄いことを指摘。そんな現状を「私たちが変えられます。彼女たちは支援を必要としています。(ケガの手当てをする)バンドエイドの箱なんかではなくて、理解と豊富な資金をもって『女性の権利は人権なのだ』ということを知らしめることが必要なのです」と力説した。

ユニフェムは、開発途上国の女性が経済的、技術的に自立するための活動に対する資金提供と技術的支援をする一方、女性に対する暴力の根絶も訴えている。2006年から親善大使を務めるニコールは、特にこの活動に力を入れている。



© Reuters/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top