ジェイク・シマブクロインタビュー 天才ウクレリストが奏でる“ワインのある風景”

最新ニュース

ジェイク・シマブクロ『サイドウェイズ』インタビュー
  • ジェイク・シマブクロ『サイドウェイズ』インタビュー
  • 『サイドウェイズ』 -(C) 2009 Twentieth Century Fox Film Corporation and Fuji Television Network, Inc.
  • ジェイク・シマブクロ『サイドウェイズ』インタビュー
オール海外ロケ&海外スタッフで撮影された、ハリウッド映画の日本版、という海を越えて生まれた作品にふさわしく、『サイドウェイズ』の音楽を手がけているのは、世界で活躍するハワイ出身の天才ウクレリスト、ジェイク・シマブクロ。大人の青春物語・ワイナリーの風景・ジェイクのウクレレ。意外なようで、ぴったりとマッチする組み合わせ。軽快にウクレレを披露してくれるとともに、映画音楽について語ってくれた。

華麗なウクレレプレイで、唯一無二の存在として世界に名を馳せるジェイク。日本にもファンの多い彼が、初めて映画音楽を手がけたのは2006年夏に公開され、数々の賞を受賞した日本映画、『フラガール』。そして『サイドウェイズ』は2作目となる。『フラガール』はテーマからしてウクレレとすぐに結びつくが、『サイドウェイズ』と聞いて、ジェイク自身もとても驚いたという。
「プロデューサーが僕の音楽が映画に合うと推してくれたそうで…お声がけいただいてとても光栄でした。確かに、ウクレレが簡単に想像つくような映画でないですよね。でもだからこそ、僕にとっては新しい挑戦で、とても嬉しいです」。

ジェイクがオファーを受けたとき、ちょうどカリフォルニアで行われていた撮影が終盤に差し掛かっていた。それから映画が編集に入るとほぼ同時に、彼は音楽を作っていったという。イメージしたものは“ナパ・バレーの景色”そのもの。
「僕自身、何度かナパ・バレーに行ったことがありますが、とてもエネルギーのある素敵な場所なんです。実際に自分がそこで過ごした時間を考えながら、イメージを膨らませていきました」。

出来上がった映画を観て、「キャラクターはみんな大好きで、キャストも全員素晴らしかった! 相性がすごく良かったと思います」と絶賛するジェイク。好きなシーンを聞くと、「たくさんあるけど…」と少し考えながら、「大介と道雄が二人で女性警察官の家に忘れ物を取りに行くシーン」、「道雄が落ち込んでワイナリーの池の中に入って暴れてしまうシーン」といずれもコミカルなシーンを選んでくれた。

「映画は大好きなので、また機会があればぜひ映画音楽に携わりたい」と話すジェイク。ちなみに日本の映画も好きだそうで、最近観たものだと、「『ハンサム★スーツ』『20世紀少年』が面白かった!」と挙げてくれた。日本映画とジェイクの音楽のコラボをまた観れる日はそう遠くないかも? 先ずはウクレレの優しい音色がストーリーを美しく包み込む、『サイドウェイズ』の世界をたっぷりと堪能してほしい。

ジェイク・シマブクロから独占動画メッセージが到着!
http://www.cinemacafe.net/moviegallery/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top