ブラピ、ご機嫌! バイク事故について苦笑「ケガはないけど自尊心だけが傷ついた…」

最新ニュース

『イングロリアス・バスターズ』来日記者会見
  • 『イングロリアス・バスターズ』来日記者会見
  • 『イングロリアス・バスターズ』来日記者会見
  • ヒロインのショシャナ役、メラニー・ロラン
  • 『イングロリアス・バスターズ』来日記者会見
  • 『イングロリアス・バスターズ』来日記者会見
  • ブラピ劇場1
  • ブラピ劇場2
  • 男の横顔!
最新主演作『イングロリアス・バスターズ』を携えて来日したブラッド・ピットがクエンティン・タランティーノ監督、共演のメラニー・ロラン、ジュリー・ドレフュスと共に11月4日(水)、記者会見に臨んだ。

今年の1月末以来、約9か月ぶりの来日となるブラッドはご機嫌! 「ハロ〜! またここ日本に、しかもタランティーノ監督作品を携えて来ることが出来て嬉しい。この映画、日本のファンに気に入ってもらえる作品になってると思うよ」と笑顔で語った。

タランティーノ監督が10年前から構想を温めてきたという本作について、ブラッドは「タランティーノが第二次大戦の映画を作ろうとしている、といううわさを僕が聞いたのは8年ほど前のこと。ハリウッドではこのうわさは、半ば神話化してたんだ。その話が僕のところに来るなんて思ってもいなかったし、実際オファーが来たときは嬉しかったよ。僕の役は、いわばタランティーノが自身のために書いた役。それを彼が僕に譲ってくれたんだ。だから、シナリオをなるべく変えずに演技を作っていった。話が来て6週間ですぐにクランクインというのも初めての経験だった」とふり返った。

タランティーノ監督はそんなブラッドの起用について「決してあて書きしたわけじゃないんだけど、いざ脚本が完成し、俳優について考えたらすぐにブラッドの顔が浮かんだんだ。と同時にほかの選択肢は一切浮かんでこなかった。でも、ブラッドは地球上で最高の映画スターなわけで(※ブラッドは首を横に振りながら苦笑交じり)、『もし断られたら?』という不安が頭をよぎったよ。実際、そうなってたら大変なことになってたね。監督と俳優の間に特別な絆が生まれるというのはとってもワクワクすることだよ、クロサワ(=黒澤明)とミフネ(三船敏郎)のようにね。ウマが合うってのは興奮することだよ」と相性バッチリのブラッドとの関係を明かした。

タランティーノのべた褒めはさらに続く。「こんなこと言うのは恥ずかしいけど…」という前置きに、ブラッドからはすかさず「じゃあ言うなよ!」とツッコミが。そしてタランティーノが「ブラッドのキャリアの中でも最高の時期——全ての要素がパーフェクトと言える時期——にこうやって一緒に出来たことが特別だよ」と最大限の賛辞で称えた。

フランスから本作に参加したメラニーは「英語がそんなに話せない私にとっては、ハリウッドは決して夢の舞台じゃなかったんです。でも、タランティーノ作品に出るのは夢でした。(5月の)カンヌ国際映画祭の直前に完成して、カンヌでみんなと再会して、今度は日本でこうしてみんなと一緒にいられる…楽しい夢がずっと続いているような気分です」と満面の笑みで語った。

もう一人の共演者、ジュリーは日本で長く活動していることもあり日本語はペラペラ。「『キル・ビル』で監督とご一緒させていただき、その経験が素晴らしすぎて…。1年前に監督から電話で『脚本を送るので、よろしければまた出てください』と言われたとき『何でもやります!』って答えました。でも監督は『新たなチャレンジ(の部分が)が入っているので、まず脚本を読んでみてください』と。これで私も、“タランティーノ・ファミリー”に入っているような感じがして、ラッキー! っていう気持ちです」と明るく語った。

スターの宿命と言うべきか、ブラッドには「映画について家族(=アンジェリーナ・ジョリー)は何て言ってる?」、「来日中の予定は?」といった質問も。でもブラッドは上機嫌! 嫌な顔せず「まあ、この映画はあまり家庭的な映画じゃないよね、(英語の)アクセントも含めて…(笑)。僕にとっては慣れ親しんだ、アパラチア山脈の近くのアクセントで楽しかったんだけどね。来日中の予定は…ここでは言えないよ! みんな付いてきちゃうから」と終始笑顔で答えた。さらに、先頃報じられたバイク事故についても「事故を起こしてしまったよ…。ケガはなかったけど、僕の自尊心だけが傷ついたね(苦笑)。パパラッチから逃げようと思ってたのに、倒れたことで格好のネタを提供することになってしまったんだ」と冗談交じりに説明してくれた。

本作の日本公開に関しては、映画を観始めて1時間以内であれば、つまらないと思ったらチケット代の返金に応じるという強気のキャンペーンが実施されるが、これについて監督は「『ぜひやってやろうじゃないか! おれの作品を60分だけ観て映画館から出て行くって?』という気持ちです。そんな人は勝手にすればいいし、残った者だけで楽しくやらせてもらうよ」とここでも強気の態度を隠さず。

『イングロリアス・バスターズ』は11月20日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top