こども店長が狼の着ぐるみでアフレコ! 「嘘をついて怒られることはあります…」

最新ニュース

『かいじゅうたちのいるところ』アフレコ収録 高橋克実と加藤清史郎
  • 『かいじゅうたちのいるところ』アフレコ収録 高橋克実と加藤清史郎
  • 『かいじゅうたちのいるところ』アフレコ収録 高橋克実と加藤清史郎
  • 『かいじゅうたちのいるところ』アフレコ収録 高橋克実と加藤清史郎
  • 『かいじゅうたちのいるところ』アフレコ収録
  • かいじゅうです
  • 壇に登ってアフレコ
  • 実は父子役で共演済み
  • 台本が大きすぎ
NHK大河ドラマ「天地人」やトヨタCMの“こども店長”で人気を博し、連日メディアに引っ張りだこの加藤清史郎が11月5日(木)、映画『かいじゅうたちのいるところ』の日本語吹き替え版の公開アフレコに臨んだ。

出版から半世紀もの間、世界中の人々に親しまれてきた同名の絵本を『マルコヴィッチの穴』などで知られる鬼才スパイク・ジョーンズが映像化した本作。加藤くんが演じるのは、主人公のやんちゃな少年・マックス。また、マックスが家を出て、舟でたどり着いた島で出会う“かいじゅうたち”のリーダー的存在、キャロルの声を高橋克実が演じる。

加藤くんは、劇中でマックスが着ている衣裳をイメージした“狼の着ぐるみコスチューム”で登場、高橋さんと並んでアフレコを行った。報道陣に公開された収録シーンは、マックスとキャロルが並んで砂漠を歩く場面。少し心細そうにキャロルに「太陽が死んじゃうって知ってる?」と問いかけるマックスに、キャロルは「心配するな!」と豪快に笑い飛ばすというシーンで、ドラマやCMで見せる天才的な演技力を見事にアフレコでも発揮していた。

収録後、2人は報道陣の質問に答えてくれたが、実は、2人は映画『星になった少年 Shining Boy & Little Randy』('05)で父子役で共演した経験が。加藤くんはこのときまだ3歳。高橋さんは、この日再会するまで覚えていなかったいう。「今日、(加藤くんの)お母さんに言われるまで気づかなかったです! まさかあの小さな子がこんなに大きくなってるとは…。TVでいつも見てて『この子、おもしろいなー』とか思ってたんですけど(笑)、びっくりしました」とちょっぴりバツが悪そうにしつつも、加藤くんの成長に目を細めた。一方の加藤くんは「覚えてます!」とキッパリ。高橋さんはこれには「すいません…」と苦笑しきりだった。

報道陣から「高橋さんみたいなお父さんはほしい?」と聞かれると、加藤くんは「(もしそうだったら)嬉しいです」という答えが。高橋さんは「いやぁ、嬉しくないよ。もう少し髪の毛あった方がいいでしょ? 友達に『お前のお父さん、ハゲ!』て言われちゃうよ」と自虐的にコメントしつつ、なんとも嬉しそう。

加藤くんが声を演じるマックスはいたずらっ子ということで、「加藤くんはいたずらすることはあるの?」という質問には「しません」と答えつつ「でも、(お母さんに)怒られることはあります。水をこぼしたのに、弟のせいにしたりして…。(何でバレたのか)わかんないです…」と子供らしい答えで会場を和ませた。

アフレコはまだ始まったばかり! 「これから、マックスの気持ちになってがんばって演じます」と加藤くんは意気込みを語ってくれた。

『かいじゅうたちのいるところ』は1月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top