初来日のM・ムーア監督、成田での指紋事件を激白&小倉優子に突撃取材!?

最新ニュース

マイケル・ムーア監督来日記者会見 photo:Yoko Saito
  • マイケル・ムーア監督来日記者会見 photo:Yoko Saito
  • マイケル・ムーア監督来日記者会見 photo:Yoko Saito
  • マイケル・ムーア監督来日記者会見 photo:Yoko Saito
  • 東証で大暴れ! photo:Yoko Saito
  • 指紋取られた! photo:Yoko Saito
  • 鳩山ネタで会場を爆笑の渦に! photo:Yoko Saito
  • 小倉優子にも突撃取材敢行! photo:Yoko Saito
最新作『キャピタリズム〜マネーは踊る〜』のPRで初来日した社会派ドキュメンタリー監督マイケル・ムーアが11月30日(月)、東京証券取引所・東証ホールで会見し、入国時の税関で起きた“指紋事件”を語った。

初めての日本の印象を司会者から聞かれたムーア監督は「みなさん大変フレンドリーで歓迎ムードを感じる」と前置き。だが「昨日、(成田)空港の税関で指紋を求められたんだ。55歳になるけど一度もなかったこと。自分のプライバシーを守る権利があるから『なぜ?』と聞いたら、別室に連れて行かれた。僕が質問した人は返答できず代わりに現れた上司のような人が、任意で指紋を取らせるか、国外退去で指紋も取られるかの二択だと言った。どっちにしろ指紋を取られるなら仕方ないと思って取らせたよ」と一挙にまくしたてた。税関で渡されたという説明文が記載された紙を広げてみせ、オカンムリ? と思いきや「コメディのように感じているよ。外国の方がアメリカに入国するときも指紋を取られるんだって? 知らなかった」と笑顔を見せた。

続いて金融、社会状況が厳しい日本にメッセージをと、会場の質問者から求められると「アメリカでは7.5秒に一家族が家を差し押さえられ退去させられる現実がある。拳銃による殺人事件と自殺が年間それぞれ1万5千件。その酷さは他国の比ではない。僕はアメリカを愛しているから、なぜアメリカだけこうなんだろう? と思う。でもアメリカのような傾向が日本にもあると聞いている。世界の国の人々を苦しめる原因はブッシュ政権の政策にあった」と持論を展開。「ブッシュ政権をサポートしたと日本を非難しているわけではないが、1945年以降、平和を大切にし作りあげてきた日本に戻って!」と呼びかけた。

本作は、昨年のリーマン・ブラザーズの経営破綻が引き金となった世界同時不況を俯瞰し、巨大企業の利潤の追求が与えた功罪など、お金にまつわる悲喜こもごもを暴き資本主義を痛烈批判したマネー・エンタテインメント。内容に引っ掛け、初めて同所での会見が実現した。後半、株入門本の著書もあるタレントの小倉優子が花束プレゼンターとして登場すると、ムーア監督は、突撃取材で知られるだけに矢継ぎ早の質問を開始。「儲かっている?」と尋ね「昨年はダメでした」と答える小倉さんに「かわいそうだから、この花束あげるよ」と手渡された花束を“返品”。また「新しい首相は好き?」とも問い、「好き」と答える小倉さんに「お母さんから10億円もらったの?」と鳩山由紀夫首相の母親からの巨額な資金提供疑惑をネタにし、取材陣の爆笑をさらっていた。

『キャピタリズム〜マネーは踊る〜』は12月5日(土)、TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ 梅田にて限定公開、2010年1月9日(土)より全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top