オスカー前哨戦のナショナル・ボード・オブ・レビュー賞でG・クルーニー新作が4冠

最新ニュース

11月末の『マイレージ、マイライフ』のL.A.でのプレミアに出席したジョージ・クルーニー -(C) Reuters/AFLO
  • 11月末の『マイレージ、マイライフ』のL.A.でのプレミアに出席したジョージ・クルーニー -(C) Reuters/AFLO
12月になり、いよいよ来年3月の第82回アカデミー賞を目指す前哨戦がスタート。まずは3日、ナショナル・ボード・オブ・レビュー(全米映画評論委員会)賞が発表され、ジョージ・クルーニー主演、ジェイソン・ライトマン監督の『マイレージ、マイライフ』が最優秀作品賞ほか、主演男優賞、助演女優賞、脚色賞に輝いた。

監督賞は『インビクタス/負けざる者たち』のクリント・イーストウッドが受賞。主演男優賞は前述のクルーニーと『インビクタス/負けざる者たち』でネルソン・マンデラを演じたモーガン・フリーマンが受賞、主演女優賞は『An Education』(原題)のキャリー・マリガン。助演男優賞は『The Messenger』(原題)のウディ・ハレルソン、助演女優賞は『トワイライト』シリーズでおなじみのアナ・ケンドリック(『マイレージ、マイライフ』)。メリル・ストリープ主演の『恋するベーカリー』が最優秀アンサンブル演技賞を受賞した。

ちなみに作品賞トップ10は『マイレージ、マイライフ』のほかに、『An Education』(原題)、『(500)日のサマー』『ハート・ロッカー』(原題)、『イングロリアス・バスターズ』『インビクタス/負けざる者たち』『The Messenger』(原題)、『A Serious Man』(原題)、『スター・トレック』『かいじゅうたちのいるところ』が選出された。

今後は毎週のように何らかの映画賞発表が続き、ゴールデン・グローブ賞は来年1月17日に発表、本家のオスカーは3月7日に授賞式開催予定だ。



写真は11月末にL.A.で開催された『マイレージ、マイライフ』のプレミアの際のジョージ。

© Reuters/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top