菊地凛子主演×イサベル・コイシェ監督作お目見え! スぺイン映画祭が8日より開幕

最新ニュース

『マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー』
  • 『マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー』
  • 『マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー』
  • 『マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー』
  • 『マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー』
  • 『マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー』
  • 『マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー』
スペイン、およびアルゼンチンやペルーといったスペイン語圏の話題作を上映する「スペイン映画祭2009」が12月8日(火)から3日間の日程で新宿バルト9にて開催される。本国で数々の賞を獲得している話題の6作品が楽しめる。

中でも注目は『死ぬまでにしたい10のこと』、『あなたになら言える秘密のこと』『エレジー』など、新作を発表するごとに大きな話題を呼び、日本にも多くのファンを持つイサベル・コイシェ監督が、菊地凛子を主演に迎え日本で撮影した『マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー』(写真)。主人公は、築地の市場で働きながら、女殺し屋として裏稼業に手を染めているリュウ。ある有力実業家の娘が自殺し、リュウの元に自殺した女の夫を殺してほしいとの依頼が舞い込む。殺し屋、依頼人、そしてターゲットに加え、東京の街の音にとり憑かれたサウンドエンジニアが登場。タイトルにあるように、東京という街が奏でる“音”が物語の鍵を握る。人間の内面を繊細に描き出すコイシェが、東京をどのように描くのか?

『悲しみのミルク』はベルリン国際映画祭の金熊賞(最優秀作品賞)を受賞し、アカデミー賞外国語映画賞のペルー代表に選出された作品。ペルーでテロが多発した時代に頻発した、暴行を受けた女性の子供たちが母乳を通して感染する“悲しみのミルク症候群”に侵された女性が己と向き合い、恐怖から自由へと一歩を踏み出す姿を描く。

オープニングを飾る『第211号監房』は、刑務所で勤務するはずの男が、凶悪犯を収容する監獄で発生した暴動に巻き込まれ、挙句に監房に置き去りにされてしまうという物語。男は身を守るために囚人として振る舞うことを余儀なくされ、嘘とずる賢さを駆使して危険を回避しようとするのだが…。

『デブたち』は肥満を巡る5つの物語が巧みに交錯するコメディ。恩赦で刑務所から出所した2人の金庫破りの名人のその後を描いた『泥棒と踊り子』はアカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表に選出された話題作。

『瞳の奥の秘密』は同じくアカデミー賞外国語映画賞アルゼンチン代表作で、退職後に小説の執筆を始めた男が、小説家として25年前に起きたある事件に向き合う姿が映し出される。

笑いあり、涙あり。各国の映画祭などで高い評価を得ても、日本での劇場公開が決まらない海外作品が多い中、スペイン語圏の質の高い作品に触れるまたとないチャンス!

スペイン映画祭2009は、2009年12月8日(火)から10日(木)まで新宿バルト9にて開催。

スペイン映画祭2009
http://www.hispanicbeatfilmfestival.com/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top