水川あさみ、大ベテランを相手に“女優”対決? 薬師丸ひろ子は美肌を強調

最新ニュース

『今度は愛妻家』トークイベントにて(前列左から)薬師丸ひろ子、豊川悦司(後列左から)行定勲監督、濱田岳、水川あさみ、石橋蓮司
  • 『今度は愛妻家』トークイベントにて(前列左から)薬師丸ひろ子、豊川悦司(後列左から)行定勲監督、濱田岳、水川あさみ、石橋蓮司
  • 『今度は愛妻家』 豊川悦司&薬師丸ひろ子
  • 『今度は愛妻家』 水川あさみ&石橋蓮司
  • 息ぴったりの夫婦の演技を見せる
  • 『今度は愛妻家』トークイベントにて
  • まだまだ美肌もおとろえず?
  • 意外な女装願望まで明かした豊川さん
  • 石橋さんと“女優”対決!
数々の話題作を手がけてきた行定勲監督が、主演に豊川悦司と薬師丸ひろ子を迎えて描いた、夫婦のドラマ『今度は愛妻家』。公開に先駆けて12月7日(月)、行定監督始め、豊川さんと薬師丸さん、水川あさみ、濱田岳、石橋蓮司らキャスト陣を迎えてのトークセッションが和やかに行われた。

本作は、中谷まゆみによる大ヒット舞台を原作に、行定監督が“ずっと作り続けてきた青春映画の延長上にある映画”として、夫婦を主人公にした恋愛ドラマ。薬師丸さんは、「台本を読んだときに心を震わせたものが映像になり、素敵な映画に出演できて良かったとつくづく思いました」と充実した笑顔を見せた。映画の前半では、豊川さんとの“夫婦善哉”のようなやり取りが見どころだが、「何の変哲もない、普通の会話が大きな伏線になっていてよくできています」と話した。一方、豊川さんは記者から「夫婦がラブラブでいられる秘訣はなんですか?」と半ば身の上相談のような質問を持ちかけられると、「恋人同士は恋愛をするけど、結婚したら恋愛を意図的に作っていくというのが夫婦なのかなと思います。そうすることで夫婦でいることが楽しくなると思います」と実感のこもったアドバイスを披露した。

ベテランの先輩俳優を横にして、濱田さんはぎこちない様子で「素敵な先輩方に囲まれて、何とか見放されないように頑張りました」とコメント。水川さんも「ワンシーン、ワンシーンがすごく長くて、台詞も多く、足を引っ張らないようにしました」と撮影をふり返った。

大ベテランの石橋さんは今回、オカマの役で強烈なインパクトを残しているが、「自分の美しさや共演する女優さんとの問題に頭がいっちゃって、とにかく自分が成功すればいいなと、それだけを考えていました」と告白し会場を沸かせた。曰く「薬師丸さんは非常に優しく受け入れてくださったんですが、この隣の女性がライバル視してきて…」と水川さんをちらり。水川さんは大爆笑し「勝手に意識されていました」とかわした。しかし、この“女優”対決で一番の自信を誇るのは、実は薬師丸さん? 変わらぬ愛嬌たっぷりの笑顔で、「冒頭でトマトを顔にくっつけられるシーンがあるんですが、私のほっぺたにだけピッとよくくっついたので、まだまだ瑞々しいなと」と明かした。

また、「オカマの役は嫌いなので今回は女優としてデビューしました」と話す石橋さんを傍目にもう一人、実はこの美の競演に羨望のまなざしを向けていたのが豊川さん。「僕もすごい女装したいなと。石橋さんを見て『この人、解き放たれてる』と思った」と本音をもらし笑いを誘っていた。

『今度は愛妻家』は1月16日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top