• Facebook
  • Twitter
  • RSS

December 09, 2009(Wed) 15:31

REPORT

菊地凛子が果敢にヌードに挑戦した話題作が超満員で日本初上映! コイシェ監督も来日

来日したイサベル・コイシェ監督
  • 来日したイサベル・コイシェ監督

ヌード

メッセージを送る

12月8日(火)、新宿バルト9にて「スペイン映画祭2009」が開幕した。スペイン、ペルー、アルゼンチンなどで製作された、選りすぐりの話題作6本が3日間にわたって上映される今年の映画祭。オープニング作品『第211号監房』に続いて、今年のカンヌ国際映画祭にも出品された注目作で、日本にもファンの多いイサベル・コイシェ監督が菊地凛子を主演に迎えて東京で撮影した『マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー』が上映され、コイシェ監督が舞台挨拶を行った。

拍手で迎えられた監督は「また、日本に来れて嬉しいです。今までにも監督経験はありましたが、今回の作品は特別なものでした。サウンドのスタッフを始め、みんなで力を出し合い、ベストな結果を手に入れることができたと思います。スペインではすでに公開されていますが、日本でも劇場公開が実現すれば嬉しいです。観た方々が、批評したり考えたりして、最終的に楽しんでいただければと思います。私は、クルーみんなを連れてまたカラオケに行きたい(笑)」と語りかけた。

実際、この日は本作の日本人スタッフの姿も見られ、監督との久々の再会を喜んでいた。満員の客席は監督に温かい拍手を贈った。

本作で、築地の魚河岸で働きつつ、暗殺者という裏の顔を持つリュウを菊地さんが演じており、劇中、ヌードやセックスシーンにも果敢に挑戦している。彼女のほかに田中泯、中原丈雄といった日本人俳優が出演しており、撮影も築地を始め新宿、下北沢など都内随所で行われた。現在のところ日本での劇場公開は未定。

「スペイン映画祭2009」は12月10日(木)までの日程で新宿バルト9にて開催中。

スペイン映画祭2009
http://www.hispanicbeatfilmfestival.com/

(text:cinemacafe.net)


特集

Copyright © IID, Inc. All rights reserved.