ジョニー・デップ、伝説のアウトローに強い共感「一番の恐怖は、妥協してしまうこと」

最新ニュース

約2年ぶりの来日となったジョニー・デップ
  • 約2年ぶりの来日となったジョニー・デップ
  • 『パブリック・エネミーズ』 ジョニー・デップ
  • 『パブリック・エネミーズ』 ジョニー・デップ
  • お気に入りの帽子とラフなスタイルで登場したジョニー
  • 熱いファンの歓迎に続き、熱い報道陣の歓迎
  • 明日はレッドカーペットに登場!
  • デリンジャーのシンプルな強さに尊敬の眼差し
  • ハードだったと明かす銃撃戦にもご注目
ハリウッドきっての人気スター、ジョニー・デップが、伝説の銀行強盗、ジョン・デリンジャーを演じた最新主演作『パブリック・エネミーズ』を引っさげ、約2年ぶりに来日! 1,000人を超えるファンの熱いお出迎えから一夜明けた12月9日(水)、単独来日会見を行った。

大勢の報道陣を前にして、「この2年は長すぎました。東京は、いつも温かく歓迎してくれるので楽しみにしていました」と笑顔で挨拶。自身が演じたデリンジャー役について聞かれたジョニーは、「彼とは生まれたところがとても近く、知れば知るほど共通点が多いことに驚きました。子供時代はワイルドで反抗的だったというのも似てると思います。また、デリンジャーは少年の頃に過ちを犯して犯罪に走ってしまったけど、僕だって場合によっては同じ道をたどっていたかもしれない。それから、彼は投獄され、10年間牢屋という犯罪学校で学んだことをかっこよく生かしていった。敵である銀行から“自分のものは自分で取り返す”という、シンプルな気持ちを持つのは勇気がいることだと思うし、彼が決して人を傷つけないというところは尊敬します」と彼に対する強い共感を語った。

国家権力を相手に自分の意思を貫き通したデリンジャーにオマージュを捧げたいと語るジョニー。同時に、「自分をとても可愛がってくれた祖父は、まさに彼と同じ時代に生きていた人物。非常に苦労をして子供を育てあげましたが、昼はバスの運転手、夜は密造酒を作るという裏の生活も持っていました。そんな祖父にもオマージュを捧げています」と作品に込めた思いを口にした。

また、デリンジャーの異名“社会の敵ナンバーワン(=Public Enemy No.1)”に因んで、「自身にとっての“一番の敵”は?」と聞かれたジョニーは、かすかに笑みを浮かべて「敵がいるとは思わない」と言い、「強いて言えば、自分の中に敵がいます。自分の限界を区切ってしまうこと、妥協してしまうことが自分にとっての恐怖です」とストイックな一面も見せた。

さらに、本作の見どころを聞かれると「実はまだ映画を観てないんだ。でも、とてもいい評判を聞いているよ」と、報道陣を沸かせたジョニー。撮影をふり返り、「素晴らしかったのは、実在の現場で撮影ができたこと。牢屋から脱出するシーンも、FBIとの撮影シーンも細部にわたって事実どおりの演技が出来て、とても貴重な体験が出来ました。また、クリスチャン(・ベイル)やマリオン(・コティヤール)など素晴らしい俳優と共演できて、素晴らしい体験になった」と充実した表情を見せた。

そして最後に、日本のファンに向けて「メリー・クリスマス! 映画を楽しんでください。またすぐ日本に戻ってきます」と、一足早いクリスマス・メッセージを贈ってくれたジョニー。明日10日(木)には、ジャパン・プレミアイベントに参加し、レッドカーペットに登場する予定。

『パブリック・エネミーズ』は12月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top