いきものがかり、あの名曲「時をかける少女」をカバー インディーズ曲も挿入歌に

最新ニュース

『時をかける少女』主題歌&挿入歌を手がけたいきものがかり
  • 『時をかける少女』主題歌&挿入歌を手がけたいきものがかり
SF短編小説として生み出されてから45年を経て、若手実力派女優・仲里依紗を主演に迎えて新たな物語として映画化された、2010年版『時をかける少女』。本作の主題歌と挿入歌を人気絶頂の「いきものがかり」が担当することが決定した。

挿入歌では、松任谷由実が作詞・作曲を手がけ、1983年版映画の主題歌で、当時華々しいデビューを飾った原田知世が歌った「時をかける少女」にアレンジを加えて鮮烈にカバー。また、主題歌には、いきものがかりがインディーズ時代に発表した名曲としてファンの間でリリースが待ち望まれた楽曲「ノスタルジア」が選ばれ、映画主題歌用に今回、再レコーディングが行われた。本作以外にも、映画『なくもんか』やTVドラマ「ぼくの妹」、江崎グリコ「ポッキーチョコレート」のCMソングなど、今年は幅広いジャンルで楽曲を提供してきたいきものがかりだが、本作では切ないメロディと物語に寄り添うような歌詞でストーリーをいっそう盛り上げる。

ボーカルを務める吉岡聖恵は、今回の抜擢を受け「インディーズから大切にしてきた『ノスタルジア』が、この作品に出会えたことで、やっと時を越えてみなさんに聴いてもらえる、と嬉しかったです。『時をかける少女』は、まさに時代を越えて色褪せない名曲。今回のカバーはとても光栄! これを歌えばいくつになっても、少女に戻れるような気がします」と喜びを語っている。

なお、同曲のCDリリースは未定だが、12月23日(水・祝)からは「時をかける少女」の着うたR配信が決定。さらに、同日発売のいきものがかりの4枚目アルバム「ハジマリノウタ」初回生産限定盤には、「時をかける少女」のロングバージョンの予告編が見られるアクセスコードが封入されているとのこと。

『時をかける少女』は2010年3月、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネカノン有楽町1丁目ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top