池田鉄洋「雨でボディシャンプー、シャンプー」究極の貧乏下積み時代を明かす!

最新ニュース

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』トークイベントにて
  • 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』トークイベントにて
  • 缶ビール片手に語る佐藤監督
  • 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』イベント
現代社会が抱える“働く”問題を反映させ、若い世代を中心に多くの共感を集めている『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』。12月8日(火)、渋谷シネクイントにて「ビールで乾杯!」と題したトークイベントが行われ、佐藤祐市監督と出演の池田鉄洋が登壇した。

この日、映画鑑賞後の観客全員(20歳以上の方)には缶ビールが配られ、「明日からも頑張ろう! 乾杯!」という異色の挨拶でトークショーがスタート。実は前週もひとりで舞台挨拶に回ったという佐藤監督だが、そこでは就職相談を受けたのだそう。「悩みが切実すぎて…、『35歳でリストラされたのですが、どうしたらいいんでしょうか?』とか」と参ってると、すかさず池田さんが「それにも答えられないような監督が作った作品ですよ(笑)」とツッコミを入れ、会場を和ませた。

そんな池田さんも現在39歳、長い下積み生活で相当な苦労を重ねてきたひとり。「3年前まで家賃3万円の4畳半のアパートに住んでいたんですけど、それでも家賃を一年間滞納していて、それを(TVドラマ)『医龍』でいっぺんに返したんですよ」と明かすと、会場から激励(?)の歓声が浴びせられた。おまけに、「30歳までにバイトを辞めて何とかしようと思っていたんですけど、全然食べれなかった。雨が降ったら“ボディシャンプー”と“シャンプー”を持って外に出るんですよ。貧乏なときはリンスを使いませんから」と究極の貧乏生活を披露した。これには、監督も「俺もリンスは使ってないなぁ」と共感、観客からのうすら笑いに「俺は(髪が)薄いよっ!!」と自虐的に笑いを誘った。

さらに、トークはキャスティングの話へ。上昇志向丸出しの木村君を演じた田中圭については、「“やらしさ”や“やさしさ”“かわいさ”“ずるさ”など複雑なものを内包しているのが魅力」と監督が絶賛すれば、共演した池田さんは「もちろん顔も大好きなんですけど」と際どい発言。監督のツッコミに「僕は男女問わず愛情にあふれているんです!」と自らをフォローした。また、「僕の仕事は、独りよがりの芝居にならないように、周りがやっている芝居を聞かせてあげること」と真面目に語る監督は、「(小池)徹平に関しては不思議なくらい、そういうの一切無いんだよね」と主演の小池さんをベタ褒め。すると、池田さんも「徹平くんくらい、主役もいっぱいやって人気のある方が、あれだけ周りのことを考え、ストイックすぎるくらい真摯に取り組んでいるってことは、これはひとえに“お母さんの教育”ですね」と勝手に結論づけ、再び会場を沸かせた。

最後には会場からは「映画を観て元気をもらいました!」との喜ばしい声も寄せられ、監督は「一人一人にあるエネルギーを感じてもらえて、そう言っていただけると本当に嬉しい」と感謝。和やかな雰囲気のままイベントは終了した。

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』はシネクイントほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top