オスカーの各俳優賞ノミネーションを占う、全米映画俳優組合賞候補が発表!

最新ニュース

『アン・エデュケーション (原題)』
  • 『アン・エデュケーション (原題)』
15日のゴールデン・グローブ賞に続き、今度は第16回全米映画俳優組合(SAG)賞の候補が発表された。SAGに加盟する10万人の中からランダムに選ばれた4,200人(映画、TV界からそれぞれ2,100人ずつ)によって候補を選出し、約10万人の会員による投票で決定する賞で、対象となるのは俳優のみ。ゴールデン・グローブ賞で最多ノミネートの『マイレージ、マイライフ』はジョージ・クルーニーが主演男優賞、ヴェラ・ファーミガとアナ・ケンドリックが助演女優賞候補となった。

作品賞的なニュアンスもあるアンサンブル・キャスト賞候補となったのは、クエンティン・タランティーノ独自の解釈で第二次世界大戦を描いた『イングロリアス・バスターズ』、虐待されて育ったハーレムの少女を描く『プレシャス』、60年代のイギリスが舞台の『アン・エデュケーション』(原題)、イラク戦争をテーマにした『ハート・ロッカー』、そしてオスカー監督&俳優勢ぞろいのミュージカル『NINE ナイン』の5本。

主演男優賞はジョージのほかに、ジェフ・ブリッジズ(『Crazy Heart』<原題>)、コリン・ファース(『A Single Man』<原題>)、モーガン・フリーマン(『インビクタス/負けざる者たち』)、ジェレミー・レナー(『ハート・ロッカー』)が候補に。主演女優賞候補は、ガボーリー・シディビー(『プレシャス』)、サンドラ・ブロック(『Blind Side』<原題>)、ヘレン・ミレン(『The Last Station』、キャリー・マリガン(『アン・エデュケーション』)、メリル・ストリープ(『ジュリー&ジュリア』)。

助演男優賞候補は、今年のカンヌ国際映画祭で最優秀男優賞に輝いたクリストフ・ヴァルツ(『イングロリアス・バスターズ』)、マット・デイモン(『インビクタス/負けざる者たち』)、ウディ・ハレルソン(『THE MESSENGER』<原題>)、クリストファー・プラマー(『The Last Station』<原題>)、スタンリー・トゥッチ(『ラブリー・ボーン』)。助演女優賞は『マイレージ・マイライフ』の2人のほかに、ペネロペ・クルス(『NINE』)、ダイアン・クルーガー(『イングロリアス・バスターズ』)、モニーク(『プレシャス』)。

SAGとアカデミーは会員メンバーが重なることも多く、SAG賞受賞者がそのままオスカーの同カテゴリーで受賞するケースは頻繁で、今年のオスカー最優秀主演男優賞のショーン・ペン(『ミルク』)、最優秀助演男優賞の故ヒース・レジャー(『ダークナイト』)、最優秀主演女優賞のケイト・ウィンスレット(『愛を読むひと』)は、その前にSAG賞も受賞している。今回の授賞式は来年1月23日。晴れて受賞者となった俳優たちは6週間後の3月7日(オスカー授賞式)にも喜びのスピーチをしているかもしれない。



写真は『アン・エデュケーション』
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top