初日は約2,200人集客、100分待ちの大盛況 J・デップ着用の衣裳も!『アリス』世界展

最新ニュース

ジョニー扮する帽子屋のカツラ photo:Yoko Saito
  • ジョニー扮する帽子屋のカツラ photo:Yoko Saito
  • 実際に使用されたアリスの衣裳 photo:Yoko Saito
  • 実際に使用された帽子屋(ジョニー・デップ)の衣裳 photo:Yoko Saito
  • 赤の女王(ヘレナ・ボナム=カーター)の衣裳 photo:Yoko Saito
  • 実際に使用された白の女王(アン・ハサウェイ)の衣裳 photo:Yoko Saito
  • アリスの鎧 photo:Yoko Saito
  • 巨大化した(?)アリス photo:Yoko Saito
  • 赤の女王 photo:Yoko Saito
ジョニー・デップ&ティム・バートン監督コンビ最新作の世界観を体験できる、“映画『アリス・イン・ワンダーランド』の世界展”の内覧会が12月25日(金)、東京・日本テレビ2階ホールで行われた。

同映画は、ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」、「鏡の国のアリス」を基に、19歳に成長し、再びワンダーランドに迷い込んだアリスの新たな冒険を描く、バートン監督によるオリジナルストーリー。同展では、約200平方メートルのホール内に、デップ扮する帽子屋、アン・ハサウェイ扮する白の女王など実際に使用された衣裳5着をはじめ、アリスを巨人に変身させるイート・ミー・クッキーなどの小道具40点、帽子屋のティーパーティーなどのセットの模型を配置。壁面にも劇中の装飾が施され、原色を散らしたバートン監督特有のポップでコミカルながら、どこか怪しい世界観が広がり、アリスの冒険を疑似体験できそうな内容。ロンドン、アムステルダム、サンディエゴ、トロントに続く開催で、製作費は非公表。一般公開は日本のみ、入場無料というファン垂涎のお宝展覧会だ。

23日(水・祝)の初日には、約2,200人が来場。同所でのイベントの1日平均集客数の2.2倍で、最長で100分の入場待ち、開催期間16日間で32,000人の集客見込み、という人気ぶり。一番乗りは30代後半の女性で、前日の22時頃から待機していたという。同展には入場者全員に、同作のワールド・プレミア(来年2月、ロンドンにて開催予定)招待の応募券が渡されるため、同女性は「一番になればもらえると思った」と勘違いしてしまった(主催の日本テレビ関係者談)というオチがついた。また配給元のウォルト ディズニーでは同作の公開に合わせてジョニー&バートン監督らの来日を調整しているという。

同展は2010年1月11日(月・祝)まで開催。

映画『アリス・イン・ワンダーランド』は、2010年4月17日(土)より丸の内ルーブルほか全国にて公開。

『アリス・イン・ワンダーランド』の世界展
開催期間:2010年1月11日(月・祝)まで
開催時間:11:00〜19:00
※12月26日(土)は生放送のため12:00〜オープン
※12月31日(木)〜1月3日(日)は休館
場所:日本テレビ 2階日テレホール
公式サイト:http://www.ntv.co.jp/shiodome/event/alice/index.html
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top