成海璃子が書道で青春! 「ズームイン!!」で放送の“書道ガールズ甲子園”が映画化

最新ニュース

書道部部長を演じる成海璃子
  • 書道部部長を演じる成海璃子
全国の書道部の高校生たちが、音楽にのせて縦横10メートル以上もある紙の上で書をしたためるという「書道ガールズ甲子園」。日本テレビの「ズームイン!!SUPER」にてその模様がオンエアされ大きな反響を呼んだが、このたび、成海璃子主演で映画化されることが決まった。

「ズームイン!!SUPER」はその前身「ズームイン!!朝!」の時代から10年近く「書道パフォーマンス」を追いかけており、2008年7月に愛媛県四国中央市にて開催された“書道パフォーマンス甲子園”の模様が、「ズームイン!!SUPER」にて全国放送され、たった9分間のオンエアながら人々の感動を呼び話題となった。今年の元旦には、「書道ガールズ甲子園」と題した大会を開催し、こちらも大きな話題を呼び、これまでに3回の大会が開かれている。

この反響の大きさを受けて、このたび映画化が決定! 17歳の現役女子高生である成海さんは主人公の書道部部長を演じる。監督を務めるのは、『マリと子犬の物語』の猪股隆一。愛媛県四国中央市の全面協力の下、2010年1月中旬よりロケがスタートするとのこと。

成海さんは映画化決定について「高校生の話ということで、いましか出来ない作品だと思いました。部長として、部員のみんなと一緒に、みなさんに元気を与えられるような作品を作り上げたいと思います」と意気込みを語ってくれた。

なお、映画の正式なタイトルは未定だが、元旦に放送される「新春!ズームイン!!SP」(AM5:30〜10:00)の中の第4回「書道ガールズ甲子園」にて発表される。映画の公開は5月を予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top