オスカーに名乗り! 全米映画批評家協会賞は『ハート・ロッカー』が3冠圧勝

最新ニュース

『ハート・ロッカー』 - (C) 2008 Hurt Locker, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ハート・ロッカー』 - (C) 2008 Hurt Locker, LLC. All Rights Reserved.
新年早々の1月3日(現地時間)、アカデミー賞へと続く賞レースのひとつである全米映画批評家協会賞(National Society of Film Critics Awards)の各賞が発表され、イラク戦争を扱った『ハート・ロッカー』が作品賞、監督賞、主演男優賞の3冠に輝いた。

全米映画批評家協会賞は1966年から開催されており、その名の通り、全米映画批評家協会に属する批評家によって選出される。アカデミー賞の前哨戦として注目を集める一方で、昨年の作品賞『戦場でワルツを』(イスラエル作品/アカデミー賞外国語映画賞ノミネート)、2006年度の『パンズ・ラビリンス』(メキシコ・スペイン・アメリカ合作)、さらに過去には黒澤明監督の『乱』も作品賞を受賞するなど、アメリカ以外の国で製作された作品が高い評価を受けることも多々見られる。

『ハート・ロッカー』はイラク・バグダッド郊外で爆弾の解体・爆破作業を行う軍の危険物処理班と姿なき爆弾魔の壮絶な戦いを描いた作品。ドキュメンタリーを思わせる臨場感あふれる映像と極限状態での緊張感、人間ドラマに全米から絶賛の声があがっている。

監督を務めたのは、ジェームズ・キャメロンの元妻キャスリン・ビグロー。今回の監督賞および、主演男優賞受賞でも分かるように、彼女と主演のジェレミー・レナーにも非常に高い評価が寄せられている。今回の受賞以前にもシカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルスの映画批評家協会賞で作品賞などを受賞しており、いかに批評家筋の評価が高いかがうかがえる。1月17日(現地時間)に発表されるゴールデン・グローブ賞でも作品賞、監督賞、脚本賞にノミネート。今年の賞レースは当初、『マイレージ、マイライフ』『NINE ナイン』の一騎打ちと目されていたが、本作はその間に割って入り、一躍、賞レースの鍵を握る注目作品に——。

本作以外では、コーエン兄弟の新作『A SERIOUS MAN』(原題)が脚本賞を受賞。また、クエンティン・タランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』で、独仏英伊の4か国語を操る、“ユダヤハンター”の異名をとるナチスの大佐を演じたクリストフ・ヴァルツが、『Bright Star』(原題)のポール・シュナイダーと共に助演男優賞に輝いた。

批評家賞とは180度異なり、一般の人々の投票で選出するピープルズ・チョイス・アワードが1月6日に発表、さらにゴールデン・グローブ賞は1月17日発表と、年が明けいよいよ本格化してきた賞レース。3月のオスカー授賞式で笑うのは誰だ——?

『ハート・ロッカー』は日本では3月6日(土)よりTOHOシネマズ みゆき座、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国にて公開。

全米映画批評家協会賞 主要部門受賞一覧

作品賞『ハート・ロッカー』
監督賞:キャスリン・ビグロー(『ハート・ロッカー』
脚本賞『A SERIOUS MAN』(原題)
主演男優賞:ジェレミー・レナー(『ハート・ロッカー』
主演女優賞:ヨランド・モロー(『Seraphine』<原題>)
助演男優賞:クリストフ・ヴァルツ(『イングロリアス・バスターズ』)/ポール・シュナイダー(『Bright Star』<原題>)  
助演女優賞:モニーク(『プレシャス』) 
ドキュメンタリー賞『アニエスの浜辺』
外国語映画賞『夏時間の庭』
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top