ヴィンス・ヴォーン、2日に地元シカゴで挙式していた

最新ニュース

『Couples Retreat』(原題)のプロモーションで訪れたローマでのヴィンス -(C) Features/AFLO
  • 『Couples Retreat』(原題)のプロモーションで訪れたローマでのヴィンス -(C) Features/AFLO
『イントゥ・ザ・ワイルド』のヴィンス・ヴォーンが2日、婚約者のカイラ・ウェバーとシカゴで挙式していたことが明らかになった。

オーウェン・ウィルソンとコンビを組んだ『ウェディング・クラッシャーズ』や『ドッジボール』など、アメリカではジャック・ブラックやベン・スティラーと並んでコメディ作で鉄板の人気を誇る39歳のヴィンスだが、ブラッド・ピットと離婚直後のジェニファー・アニストンと『ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き』の交際をきっかけに一時期交際していたことでも知られている。

お相手のカイラは29歳でカナダ人の不動産エージェント。ヴィンスとは共通の友人の結婚式で知り合い、一昨年から交際が始まり、昨年3月に婚約報道が流れた。今回は、ヴィンスの自宅マンションのペントハウスで、年越しを祝う形で大晦日からパーティは始まり、家族や友人を中心とした65名ほどの招待客はその後、近くのホテルに滞在し、1月2日にレイクフォレスト・アカデミーにあるアーモアハウスの大広間で結婚式が挙げられた。

ジェニファー・アニストンと交際していたときも、インタビューなどでプライベートな話題はほとんど口にしなかったヴィンスは、カイラとの婚約についてもほぼノーコメントを貫いてきた。この先も、おそらく多くを語ることはなさそうだが、それだけプライバシーを大切にしていれば、幸せな家庭は築けそう。末長くお幸せに。



昨秋、『Couples Retreat』(原題)のプロモーションで訪れたローマにて。

© Features/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top