柴咲コウ、正月に手作りおせち3段中6個分配布、評判は「まあまあ」

最新ニュース

『食堂かたつむり』ヒット祈願イベント photo:Yoko Saito
  • 『食堂かたつむり』ヒット祈願イベント photo:Yoko Saito
  • 『食堂かたつむり』ヒット祈願イベント
  • 『食堂かたつむり』ヒット祈願イベント photo:Yoko Saito
女優の柴咲コウが1月10日(日)、東京・金刀比羅宮(ことひらぐう)で主演映画『食堂かたつむり』の大ヒット祈願イベントを、共演の余貴美子、ブラザートム、富永まい監督と行った。

同作は、失恋をきっかけに心因性失語症になった主人公の倫子(柴咲さん)が、小さな食堂で料理を作ることで人を幸せにし、自身も癒し、確執があった母との関係を温めていく姿を描く物語。実生活でも料理が得意な柴咲さんが吹き替えナシで料理シーンをこなしていることで話題を呼んでいる。

祈願を終えて、自身が過ごした年末年始について柴咲さんは「おせちを作りました。3段重で6個なので18段。家族も含めてお世話になっている人に配りました」と報告。MCから評判は? と聞かれると「まあまあでした。おせちは毎年作りますが、今回初めて黒豆を煮ました。初めてにしてはよくできたかなと。この作品を昨年の5、6月に撮って、それから食に対しての気持ち、向き合い方を学んだ気がして、年末のおせち作りにもつながったと思います」と微笑んだ。

さらに今年の抱負については「去年はくすぶっていた部分があるので、今年は飛ぶ、飛び立つ、コツコツやってきたことをつなげて形にして飛躍の年にしたい。『食堂かたつむり』に始まり、ライヴツアーもあるので、その時その時あることを見据えてやっていきたい」とヤル気が充満。

一方、成人式が近いとあって自身の20歳をふり返り「19、20の頃はいろんなことがあり過ぎて苦労…という言葉が正しいか分かりませんが、悩んだ時期でした。大人と子供の狭間で揺れ動いて葛藤しましたが、そこから逃げないでいっぱい悩んだ方がいいと思う」と新成人にエール。トムさんも「自分たちが一番正しいと思い、やりたいことをやってほしい」と激励の言葉。

余さんは、「劇団で働いていたのでいつの間にかこんな年になってしまい、悲しい青春時代でした。私のようにならないように」と自虐メッセージで共演陣、関係者の笑いを誘っていた。

『食堂かたつむり』は2月6日(土)よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top