死刑囚との期限付き純愛『真幸くあらば』公開 ミッキー・カーチス「覚悟して観ろ!」

最新ニュース

『真幸くあらば』初日舞台挨拶 
  • 『真幸くあらば』初日舞台挨拶 
強盗殺人で死刑判決を受けた男と、彼の犯罪の被害者の婚約者だった女との間に育まれる“愛”を描いた究極の純愛ドラマ『真幸くあらば』(まさきくあらば)が1月9日(土)に公開を迎えた。初日の舞台挨拶に主演の尾野真千子と久保田将至をはじめ、ミッキー・カーチス、監督の御徒町凧、そして本作で自身初となる映画の音楽監督を務めた森山直太朗らが登壇した。

尾野さんは「究極の純愛を演じたつもりです。クセになる、ハマってしまう作品だと思います。ぜひ 2〜3回観に来てください!」と自信の挨拶。

死刑囚という難しい役どころを演じた久保田さんは「映画でしか描けない、究極の純愛映画です。観た人はそれぞれ違う、いろんな感想を持つと思います。その思いを持ち帰って、またいろんな人と話してください」と観客に向けて呼びかけた。

ミッキー・カーチスさんも同じく死刑囚を演じたが「役を演じるときに、よく実際にやってみたりする…ホームレスの役のときは何日か路上で暮らしてみたりね。ただ、今回の死刑囚は体験できなかったね(笑)。この映画は本当に歪んでるから、覚悟して観ろよ!」とユーモアたっぷりに挨拶した。本作が初監督作品となる御徒町監督は「実際に満員のお客さんを見ると嬉しいですね。楽しんでください」と笑顔を見せた。

そして、森山さんは「観て感じていただくことが全て。心のひだを開いて感じてください。目に見えるもの、耳に聞こえるもの全てが五感を刺激する作品です」としっかりとした言葉で作品をアピールした。

『真幸くあらば』は新宿バルト9ほか全国に公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top