『かいじゅうたちのいるところ』S・ジョーンズ&マックス イタズラ満載インタビュー

最新ニュース

『かいじゅうたちのいるところ』 スパイク・ジョーンズ監督&マックス・レコーズ
  • 『かいじゅうたちのいるところ』 スパイク・ジョーンズ監督&マックス・レコーズ
  • 『かいじゅうたちのいるところ』 -(C) 2009 Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『かいじゅうたちのいるところ』 -(C) 2009 Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『かいじゅうたちのいるところ』 スパイク・ジョーンズ監督&マックス・レコーズ
  • イタズラ大好きなふたり
  • 『かいじゅうたちのいるところ』 -(C) 2009 Warner Bros. Entertainment Inc.
  • ただいま落書き中…
  • 『かいじゅうたちのいるところ』 -(C) 2009 Warner Bros. Entertainment Inc.
モーリス・センダックの名作絵本を実写映画化した『かいじゅうたちのいるところ』。本作では、日常に苛立ちを感じる8歳の少年・マックスの心の旅が展開する。友達と遊んでばかりの姉に構ってもらえず、恋人との関係に夢中の母親ともしっくりいかないマックスは、家を飛び出して不思議な島へ。そこで、彼は大きな体の“かいじゅうたち”と出会う…。監督のスパイク・ジョーンズは、少年の憂鬱、痛み、そして願いをなぜこんなにもビビットに描くことができるのだろう? この作品を目にした誰もが、この感嘆にも等しい疑問を抱くはずだ。そして、その答えは…、このインタビューで少しだけ分かった…かもしれない。

主人公のマックスを演じた主演俳優マックス・レコーズ共々、インタビューに応じてくれたスパイク・ジョーンズ監督。前日の来日記者会見でも息の合ったところを見せていたふたりだが、この日も取材部屋に入ってくるなり、仲良く揃ってお菓子をポリポリ。そんな鬼才監督の姿に場が和んだところで、まずは“かいじゅうたち”の声を担当した声優陣について聞いた。声優たちは全員スタジオに集まり、実際にシーンを演じながら台詞を録音していったという。
「映画には彼らの声しか登場しないけれど、かいじゅうっぽい声を出す人ではなく、それぞれのキャラクターをきちんと演じられ、声から演技を感じられるような俳優を求めたんだ。だから、声優のキャスティングは普通の映画の配役と同じような手順で行っていったんだよ」。

そんなこだわりもあり、声優陣は超豪華。「ザ・ソプラノズ」のジェイムズ・ガンドルフィーニからオスカー俳優フォレスト・ウィッテカー、クリス・クーパーまでが揃った。名優であるのはもちろん、かいじゅうを演じて説得力のある顔立ちの彼らだが…。
「彼らの顔もかいじゅうっぽいって? それは偶然だよ(笑)。でも、例えばKWという赤毛の女性かいじゅうを演じたローレン・アンブローズは本人も赤毛で、顔もKWにどことなく似てるんだよね。実際、ローレンにオファーをしたら、“私にどの役を依頼するつもりなのか当ててあげるわ! KWでしょう?”と言い当てたんだ。本当にハマリ役だと思うよ。それに、かいじゅうの表情は後からCGで作ったのだけど、声優たちが台詞を録音したときの映像を参考にしたんだ。だから、自然と似てくるものはあるかもしれないね」。

監督が質問に答えている間も、隣でお菓子に首ったけのマックス。登場するかいじゅうたちの中で、誰が一番好きかと尋ねると、「ダグラスかな。落ち着いていて、みんなのまとめ役もできそうなところが好き」と、クリス・クーパーが声を務めるかいじゅうの名前を挙げた。そんなマックスだが、本人も落ち着いて…いるわけではなく、答え終えるやいなや監督とジャンボサイズのポッキーでぶち合いっこ! 応戦する監督もぶちつぶたれつ、嬉しそうにはしゃいでいる…。

しかし、マックスのことに話が及ぶと、一転して真剣な表情に。主人公を演じるのに相応しい少年を1年以上かけて探し回り、ようやく巡り合えたマックスに監督はメロメロだ。
「L.A.には我が子をスターにするためなら、なりふり構わないステージ・ペアレンツが大勢いる。でも、マックスや彼の家族はこの作品を家庭のプロジェクトと捉え、ひとつの経験として撮影に参加してくれたんだ。素晴らしいことだと思うね。初めて会った頃から3年ほど経ったけれど、マックスはいつだって自分らしさを忘れない。僕がマックスくらいの年齢のときには、彼のようには自分自身を把握してはいなかったんじゃないかな」。

…と、ここまで答えたところで急に立ち上がり、「このインタビューを特別な時間にしてあげるよ!」と言い出した監督。電気のスイッチを切り、部屋を真っ暗にしてしまった…。以後、インタビューは真っ暗闇の中で行われることに。大興奮のマックスはテーブルの下へもぐり、監督の足をくすぐり始めた。そんな中、暗闇にも負けず、質疑応答は続いていく。マックスと監督、あなたたちの心の中にある“かいじゅう”とは? やや難しい質問を向けられ、「分かんない…」と戸惑うマックス・レコーズ、12歳に、監督が助け舟を出した。
「マックスの“かいじゅう”はいままさに僕の足をくすぐってるよ! マックスはとても大きなハートを持った素敵なかいじゅうなんだ。僕自身の“かいじゅう”は何だろう? 映画を観て感じてもらえたらいいね」。

その後も終了時間まで続いた暗闇インタビュー中、部屋に誰もいないと勘違いしてドアを開けたスタッフに対し、監督が「ほーほー」と鳥の鳴き真似(?)のような怪しげな音を発して威嚇する一幕も。そんな状況でもマックスが微塵も動じず、むしろ楽しんでいたのは、撮影中、自分の体の何倍もある大きな着ぐるみ製のかいじゅうたちに「体の上に座られそうになったり、足をふんずけられたり、爪で引っ掻かれそうになった」という数々のハプニングを潜り抜けてきたからかもしれない。一方の監督は、「楽しかったよ!」と涼しい顔で部屋を後に。

いろいろな意味で心揺さぶられるインタビューだった。

《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top