ゴールデン・グローブ賞発表! 『アバター』が2冠

最新ニュース

見事、ドラマ部門の主演女優賞に輝いたサンドラ・ブロック -(C) REUTERS/AFLO
  • 見事、ドラマ部門の主演女優賞に輝いたサンドラ・ブロック -(C) REUTERS/AFLO
17日(現地時間)、第67回ゴールデン・グローブ賞授賞式が開催され、ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』が映画ドラマ部門の作品賞、監督賞を受賞した。

ゴールデン・グローブ賞は、ハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)会員の投票によって選ばれ、アカデミー賞の前哨戦となる各映画賞の中でも特に注目度が高い賞の1つ。映画はドラマ部門、ミュージカル・コメディ部門に分かれて選定される。ミュージカル・コメディ部門の最優秀作品賞は『The Hangover』(原題)。

ドラマ部門の主演男優賞は『Crazy Heart』(原題)のジェフ・ブリッジス、主演女優賞は『しあわせの隠れ場所』(原題:The Blind Side)のサンドラ・ブロック、ミュージカル・コメディ部門の主演男優賞はロバート・ダウニーjr.(『シャーロック・ホームズ』)、主演女優賞はメリル・ストリープ(『ジュリー&ジュリア』)。両部門併せた中から選ばれる助演男優賞はクリストフ・ヴァルツ(『イングロリアス・バスターズ』)、助演女優賞は『プレシャス』のモニーク、という顔ぶれ。最優秀アニメーション賞と最優秀楽曲賞(マイケル・ジアッキノ)に『カールじいさんの空飛ぶ家』

有力候補の1つと目されていた『ハート・ロッカー』は無冠、最多5部門で候補となった『マイレージ、マイライフ』は最優秀脚本賞のみ受賞で、今年は昨年の『スラムドッグ$ミリオネア』のような圧勝ぶりを見せる作品はなく、まんべんなく賞が行き渡った。

TV部門では、「マッドメン」が3年連続でドラマ部門の作品賞、「Glee」がコメディ部門作品賞に輝いた。ドラマ部門では、先週ホジキンリンパ腫で闘病中であることを公表した「デクスター」のマイケル・C・ホールが、4度目のノミネーションにして最優秀主演男優賞を初めて受賞した。



写真はサンドラ・ブロック。オスカーに向けて視界良好!

© REUTERS/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top