大地真央が50代に“喝”! 『50歳の恋愛白書』宣伝部長に就任

最新ニュース

『50歳の恋愛白書』宣伝部長に就任した大地真央
  • 『50歳の恋愛白書』宣伝部長に就任した大地真央
ブラッド・ピットが製作を手がけ、ロビン・ライト・ペン、キアヌ・リーヴス、ジュリアン・ムーアといった豪華キャストが顔を揃えた注目作で、“理想の女性”として生きることに疲れ、50歳にして15歳年下の男性と恋に落ち、本当の自分を見つめ直す女性の姿を描いた『50歳の恋愛白書』。本作の宣伝部長に女優の大地真央が就任することが決定した。

戯曲家のアーサー・ミラーの娘にして、脚本家、映画監督、小説家であり、ダニエル・デイ=ルイスの妻でもあるレベッカ・ミラーの手による本作。妻として母として“完璧”であるピッパ・リーが、15歳年下の男性との出会いをきっかけに、これまでの型にはまった自分を捨て、“女”として新たな一歩を踏み出す姿が描かれる。

奇しくも大地さんは、映画の公開日2月5日(金)に54歳の誕生日を迎える。本作のターゲット層であり、現在の映画業界を支えていると言われるのがオーバー50の女性たち。輝き続ける50代女性として、この世代の女性から絶大なる支持を受ける大地さんは本作の宣伝部長に適任ということで、白羽の矢が立った。加えて、大地さんの伴侶でインテリアデザイナーの森田恭通さんは大地さんより12歳年下と、まさにこの映画にぴったり! 大地さん自身も本作に強く共感し、オファーを快諾した。

今回の宣伝部長就任に際し、大地さんからコメントが到着。「今回、このお話をいただき、とても光栄に思っています。この映画を拝見し、まず、これほどの豪華キャストの方々が、出演意欲をかきたてられた理由はここにあったんだと思わせる、深みのあるストーリー展開に引き込まれました。そして、同世代のヒロインが、人生や恋愛について悩みながらも、自分らしさを模索して、自分に正直な道を選択していく姿に共感を覚えました。私もいまの年齢になったからこそ初めて気づくこと、新しく挑戦してみたいと思えることって沢山あるんだなと、日々実感しています。この『50歳の恋愛白書』を観て、パワーをもらって、年齢を重ねた女性たちがもっともっと輝いてもらえるように、私もエールを送りたいと思っています」と意気込みを語ってくれた。

大地さんの言葉、そして何より生き方そのものが、50代に元気を与えてくれそう! 『50歳の恋愛白書』は2月5日(金)よりTOHOシネマズみゆき座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top