松ケン、最初のキスは「計画通りいかずテンパるタイプ」『誰かが私にキスをした』会見

最新ニュース

『誰かが私にキスをした』会見にて(左から)堀北真希、松山ケンイチ、アントン・イェルチン photo:Yoko Saito
  • 『誰かが私にキスをした』会見にて(左から)堀北真希、松山ケンイチ、アントン・イェルチン photo:Yoko Saito
  • (左から)堀北真希、松山ケンイチ、アントン・イェルチン photo:Yoko Saito
  • キスは“慎重派”な松山さん photo:Yoko Saito
  • 鮮やかなブルーのワンピースで登場した堀北さん photo:Yoko Saito 
  • 甘酸っぱい思い出を告白するアントン photo:Yoko Saito
  • 男性陣の告白に笑顔で耳を傾ける堀北さん photo:Yoko Saito
女優の堀北真希、俳優の松山ケンイチ、人気グループ「NEWS」の手越祐也、ロシア出身の俳優アントン・イェルチンらが1月20日(水)、東京・ホテルニューオータニで行われた映画『誰かが私にキスをした』の完成会見で、キス談義を繰り広げた。

日本のインターナショナルスクールを舞台に、階段から落ちて4年分の記憶を失ったナオミ(堀北)とナオミを取り巻く男性3人の4角関係を描くラブストーリー。映画『カンバセーションズ』で2005年の東京国際映画祭で審査委員特別賞に輝いたアメリカ出身のハンス・カノーザ監督がメガホンを取った。

ナオミが誰かとのキスをフラッシュバックさせる内容などに引っ掛け、恋人と最初のキスをする際、強引にする派かゆっくり責める派か? と男性キャストへ質問が。松山さんは「すっごいどうしよう〜とタイミングを計って考えるんですけど結局、計画通りいかずテンパるタイプだと思います。出来ずじまいで…」と苦笑い。手越さんも「今日しよう! と家を出る前に決めるんですけど、その日一日いつしてやろうか、スキあらばとか考えて彼女の言うことが耳に入らないで、結局別れ際になると思う」と揃って慎重派の様子。

アントンは「15歳のときに大好きだった女の子がいて、1週間に3回ぐらい僕の家に遊びにきてベッドに座って音楽を一緒に聴く仲だった。毎回キスしようと思っても出来ずじまいである日、してもいい? と聞いて『イエス』と言われてした。でもふり返ると何てダサイことをしたんだろうと…聞いたってことは自信がないみたいだから」と甘く苦い(?)思い出を告白。「アグレッシブにしたかったらした方がいい。結果、嫌な顔をされるかカオスを蹴られ、心傷つくんだけど」と意見を述べた。

ニコニコしながら聞いていた堀北さんは「(キスしていい? と)聞かれたら困るかな。強引に? そうですね、自信を持ってきてほしいと思います」とキッパリ。すかさずアントンが「強気でいくにも優しさを見せるでも、どちらにしろエレガントに行くべきですよね」と追加。さらに監督から「男の子は女の子からされるのも大歓迎だったりするよね」と別意見を述べると、アントンは「Oh! Yes,Yes」と喜び、松山さんらは照れ臭そうな笑顔を浮かべた。

退場時、女優の小雪との熱愛が報じられている松山さんは、取材陣から順調? と声掛けされ、「有難うございます」と深々お辞儀。順調ぶりをうかがわせていた。

『誰かが私にキスをした』は3月27日(土)より全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top