木村佳乃、ヒガシとの結婚猛攻質問かわす 実写初アフレコ現場で会見

最新ニュース

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』日本語吹き替えを務めた木村佳乃 photo:Yoko Saito
  • 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』日本語吹き替えを務めた木村佳乃 photo:Yoko Saito
  • 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』会見にて photo:Yoko Saito
  • 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』会見にて photo:Yoko Saito
女優の木村佳乃が1月21日(木)、東京・中央区のスタジオで行われた、日本語吹き替え版でユマ・サーマンの声を務める映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』の会見に出席。交際中の少年隊・東山紀之との結婚に関するレポーターの質問攻めをかわした。

前列にズラリと陣取ったレポーター3人が順番に質問。1人目から劇中、頭が毒蛇に覆われ目を見た者を石に変えるギリシア神話の女怪物・メデューサの声を担当することに引っ掛け、石にしたい人は? と聞かれ「自分が石になりたいと思うときはあります。失敗したときや恥ずかしいとき。最近ではいま、ドラマの収録中ですが、違う日の台詞を覚えていってしまい…おっちょこちょいなので。人に対してはないですね」とお茶目なエピソードを披露。

2人目から、石のように“身を固める”予定は今年ありそう? と結婚について問われると「あ、ありがとうございます」とひと呼吸おき「それはまた後ほど」と満面の笑み。報告するということ? と確認されると頷いてみせた。

3人目の、神殿と寺院なら結婚式をどちらでやりたい? との問いには、司会者から「映画に関する質問のみで」と遮る声が飛び、雰囲気が張りつめたが、「劇中で出ましたが、テネシーのナッシュビルって神殿があるんですか? ナッシュビルには中学生のとき、行ったことがありますけど。アテネのパルテノン神殿にも行ったことがあります」と話題を変え、場を和ませた。途中、マイクの音声トラブルがあったときにも「メデューサの呪いですね」と機転のきいた言葉で関係者の笑いを誘った。

同作は、神と人間との間に生まれた半神半人の17歳の少年の冒険を描くファンタジー。木村さんは『カンフー・パンダ』などアニメの吹き替えは経験済みだが、実写は初挑戦。「ファンタジーは大好きでユマという大好きな女優さんの声をやらせていただき、すごく光栄。今日を含めて数回、収録があるんですが、ユマの芝居と私の声で吹き替えじゃないみたいと思ってもらえるところまでいくのが目標です」と女優魂を燃やしていた。

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』は2月26日(金)より全国にて公開。

《text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top