J・ロウにレイチェル・ワイズ ハリウッドで活躍の英国スターが母国の演劇賞受賞

最新ニュース

『シャーロック・ホームズ』のプロモーションで訪れたパリで -(C) HOUNSFIELD Pierre/Gamma/Eyedea/AFLO
  • 『シャーロック・ホームズ』のプロモーションで訪れたパリで -(C) HOUNSFIELD Pierre/Gamma/Eyedea/AFLO
イギリスの演劇賞の1つ、批評家協会演劇賞(Critic's Circle Theatre Awards)授賞式がロンドンのプリンス・オブ・ウェールズ劇場で行われ、昨年ロンドンで舞台に立ったジュード・ロウとレイチェル・ワイズが受賞者として出席した。

ガイ・リッチー監督の『シャーロック・ホームズ』でロバート・ダウニーJr.扮するホームズの相棒・ワトソン博士を演じて好評のジュードは、主演の舞台「ハムレット」で最優秀シェイクスピア劇演技賞を受賞。29日(金)から日本公開の『ラブリーボーン』で14歳の娘を突然失う母親を熱演したレイチェル・ワイズは「欲望という名の電車」のブランチを演じ、最優秀女優賞に輝いた。

16年前に同賞の「最も期待される新人賞」を受賞しているレイチェルは「ロンドンの批評家は世界一厳しくて目が肥えています。彼らからこの賞をいただけるというのは、私にとって本当に大きな意味があること。とても感謝しているし、誇りに思います」と語った。



写真は、『シャーロック・ホームズ』のプロモーションで訪れたパリでのフォトコール。

© HOUNSFIELD Pierre/Gamma/Eyedea/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top