オーランド・ブルーム、『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作出演をきっぱり否定

最新ニュース

ファンにとっては残念だが『パイレーツ』卒業を名言 -(C) Splash/AFLO
  • ファンにとっては残念だが『パイレーツ』卒業を名言 -(C) Splash/AFLO
現在ユタ州パークシティで開催中のサンダンス国際映画祭に参加しているオーランド・ブルームが、過去3作でウィル・ターナー役を演じた『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの最新作『Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides』(原題)に出演しないことを明言した。

オーランドはMTV Newsの取材に「僕は(第4作には)戻らないよ。ウィルは海の底でサカナと一緒に泳いでいるんじゃないかな」と冗談まじりに語った。過去3作への出演について「素晴らしい時間が過ごせた」とふり返りながらも、「何か違うものに挑戦したくなったんだ」とシリーズ卒業を決意した理由を明かした。『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』出演後は慎重に出演作を吟味していた彼の最新作はオムニバス映画『ニューヨーク,アイラブユー』。岩井俊二監督の下、クリスティナ・リッチと共演している。

『NINE ナイン』のロブ・マーシャル監督がメガホンをとり、ジョニー・デップがジャック・スパロウ役を続投する『Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides』については「ジョニーがやるなら、素晴らしい作品になるだろう。彼(マーシャル)はすごい監督だし、ジョニーと組んでどうなるか、興味深い。ジョニーもミュージカルが好きだし、きっととても美しい作品になるんじゃないかな」と、一観客の視点で大きな期待を寄せた。



© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top