シャーリーズ・セロン、9年間連れ添った“夫”と破局していた

最新ニュース

FIFAワールドカップの組み合わせ抽選会に出席したシャーリーズ・セロン。隣りはデヴィッド・ベッカム -(C) REUTERS/AFLO
  • FIFAワールドカップの組み合わせ抽選会に出席したシャーリーズ・セロン。隣りはデヴィッド・ベッカム -(C) REUTERS/AFLO
シャーリーズ・セロンが9年間交際し、事実婚状態だった恋人のスチュアート・タウンゼントと昨年暮れに破局していたことが明らかになった。

クリスマスに2人でメキシコ旅行をした後にシャーリーズから別れを切り出したという。それ以来、彼女はスチュアートから愛の証として贈られ、「絶対に外さないわ」と断言していたアンティークの指輪も外している。彼女から破局したことを直接聞いた友人は「スチュアートはショックを受けているようだけど、シャーリーズはメキシコで休暇を過ごしていたとき、2人の関係は終わったと気づいたと話しています」と英国のデイリー・メール紙に語った。友人は「最近の2人は恋人というより、兄妹のようでした」とつけ加えた。スチュアートはシャーリーズと暮らしていたハリウッド・ヒルズの家から荷物を運び出し、2人が共同で所有するマリブ・ビーチの家を拠点にする模様。

『コール』の共演がきっかけで2001年から交際が始まった2人は、ブランジェリーナ同様、婚姻関係にはなかったが、「教会で挙式したりはしなかったけど、僕らは互いに夫婦だと思っている」とスチュアートがインタビューで語り、おしどりカップルとして知られていたが、シャーリーズがアカデミー賞主演女優賞に輝く一方で、スチュアートは『ロード・オブ・ザ・リング』、『Thor』(原題)といった大作をクランクイン直前に降板するなど、仕事は順風満帆とは言えない状態。キャリア面での格差が影響を及ぼした可能性はありそうだ。



写真は昨年12月、FIFAワールドカップの組み合わせ抽選会に出席した際のもの。隣りはデヴィッド・ベッカム。

© REUTERS/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top