毎年恒例、オスカーに対抗して“最低映画”を選出するラジー賞も候補を発表!

最新ニュース

ラジー賞にノミネートされてしまったシャイア。隣りは恋人で、『17歳の肖像』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたキャリー・マリガン -(C) Barcroft Media/AFLO
  • ラジー賞にノミネートされてしまったシャイア。隣りは恋人で、『17歳の肖像』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたキャリー・マリガン -(C) Barcroft Media/AFLO
第82回アカデミー賞候補が発表された2日、同賞に対抗して毎年 “最低映画”を選んで表彰(?)するゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)の候補も発表され、『しあわせの隠れ場所』でオスカー主演女優賞候補となったサンドラ・ブロックが、こちらでは『All About Steve』(原題)で最低主演女優賞にノミネートされた。

今年で30回目を迎えるラジー賞最低作品賞候補は『All About Steve』(原題)、『G.I.ジョー』『マーシャル博士の恐竜ランド』『オールド・ドッグス』(原題)、『トランスフォーマー/リベンジ』の5本。さすがにオスカーに倣って候補作を10本に増やすことはなかったようだ。『トランスフォーマー/リベンジ』は2009年の興行収入成績では全米2位を記録した大ヒット作ながら、ラジー賞常連のマイケル・ベイ監督をはじめ、主演のシャイア・ラブーフ&ミーガン・フォックスも候補になり、全7部門にノミネートされた。

今年は2010年ということで、過去10年間のゼロ年代最低賞のノミネーションもあり、2000年に10部門ノミネート8部門受賞の『バトルフィールド・アース』や、2007年に9部門ノミネート8部門受賞のリンジー・ローハン主演作『I Know Who Killed Me』(原題)などの5作、俳優部門では12回候補になり3回受賞したエディ・マーフィ、9回候補になり2回受賞したベン・アフレック、過去ダントツの得票率だったマライア・キャリー、5回候補になり4回受賞のパリス・ヒルトンらが候補になっている。

授賞式はアカデミー賞授賞式前日の3月6日に開催。過去、ハル・ベリーやポール・ヴァーホーヴェンなど勇気ある受賞者が姿を見せたこともあるが、今年は果たしてどうなることやら? ちなみに翌日のアカデミー賞授賞式でアレック・ボールドウィンと共に司会者を務めるスティーヴ・マーティンは『ピンク・パンサー2』で最低主演男優賞候補になっている。



ラジー賞にノミネートされてしまったシャイア。隣りは恋人で、『17歳の肖像』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたキャリー・マリガン。

© Barcroft Media/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top