驚愕の高得点! 女性が感じたイーストウッド最新作『インビクタス』の魅力

最新ニュース

『インビクタス/負けざる者たち』 -(C) 2009 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • 『インビクタス/負けざる者たち』 -(C) 2009 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • 『インビクタス/負けざる者たち』 -(C) 2009 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • 『インビクタス/負けざる者たち』 -(C) 2009 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
質の高い作品をコンスタントに発表し続け、御年79歳を迎えてもなお映画への情熱が尽きることのないクリント・イーストウッド。彼の最新作『インビクタス/負けざる者たち』がついに公開を迎えた。前作『グラン・トリノ』に対し、“最高傑作”との声も多く聞かれたが、続くこの『インビクタス』に対しても前作を凌ぐ高評価が寄せられている。シネマカフェでは映画の公開を前に、女性限定の試写会を開催したが、そこでのアンケートの結果を大発表! 女性の目から見た本作の魅力とは——?

アパルトヘイト撤廃後の南アフリカ共和国を舞台に、白人と黒人の真の融和、経済格差の是正などを目指したネルソン・マンデラ大統領と同国のラグビー代表チームのキャプテン、フランソワ・ピエナールの挑戦を描いた本作。まずは映画の感想について。相当数の参加者の答えに「感動」という言葉が見られる。実話の持つ重み、スポーツがもたらす影響の大きさ、そして主人公たちのリーダーシップに対し絶賛の声が寄せられた。

また、マンデラ役のモーガン・フリーマンには「そっくりで驚きました」(27歳/会社員)、「本人と見間違うほどでした」(26歳/会社員)という驚嘆の声が、そしてマット・デイモンに対しても「これまでにあまりない役柄でしたがハマり役でした」(38歳/事務員)、「正統派のかっこいい役柄で素敵でした!」(27歳/会社員)など多くの人々が高評価。マットに関しては、鍛え上げた肉体、そしてラグビーの場面のリアリティなど役作りに対しても惜しみない称賛の声が届いた。先に発表されたアカデミー賞のノミネーションで、モーガンは主演男優賞、マットは助演男優賞の候補に名を連ねた。W受賞なるかも楽しみなところ!

劇中、南アフリカで開催されたラグビーのワールドカップの様子が描かれる。アンケート項目の「ラグビーのルールは知っていたか?」という質問に対し、「知らなかった」「少しだけ知っていた」が大半を占めており、単なるスポーツ映画ではなく、スポーツに詳しくない女性が観ても楽しめる映画だということがうかがえる。実際、鑑賞前と鑑賞後の印象の違いを尋ねた項目では「単なるラグビーの話だと思っていたが、スポーツが人生に通じていた」(38歳/会社員)という声も。

同じ項目で鑑賞前の印象として「差別をテーマにした映画」、「マンデラの伝記的映画」などやや重くとっつきにくい内容を予想していた人が多かったようだが、鑑賞後は「ゆるし、心の広さを描いた深い作品」、「(マンデラだけでなく南アフリカの)4,200万人の物語」とかなり印象が変わったという感想が多く見られた。

ちなみに、参加者の採点(100点満点)の平均点は何と89点とかなりの高評価! 先述の感想以外に「心にグッとくる“言葉”がたくさんある映画」、「人間関係に悩んだとき、誰かを許せなくなったとき、人の素晴らしさを再確認したいときに観るとよい」、「勇気づけられた」など特定のテーマについてだけでなく、自分自身に置き換えての感動を語る熱い声が多く寄せられた。

あなたはこの映画から何を受け止め、どんな答えを導き出す? 『インビクタス/負けざる者たち』は丸の内ピカデリーほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top