ヒップホップ・スタイルで登場の大江裕が「“夕張”大将」&ラップを披露!

最新ニュース

大江裕と入江悠監督
  • 大江裕と入江悠監督
  • 大江裕と入江悠監督
  • 大江裕と入江悠監督
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭(2月25日〜3月1日)の開催を前にしたプレミアムイベントとして、2月4日(木)、昨年の同映画祭グランプリ受賞作『SR サイタマノラッパー』の続編で、スカパー!第2回支援作品である『SR2 サイタマノラッパー2 〜女子ラッパー☆傷だらけのライム〜』の完成披露試写会が行われた。上映前の舞台挨拶に入江悠監督に加え、ゲストとして人気急上昇中の演歌歌手の大江裕が来場し「夕焼け大将」を熱唱した。

同映画祭は今年で20回目、そして大江さんも20歳ということで応援に駆けつけたが、ラップがテーマの映画とあって、大江さんは何とヘッドホンをかけ、帽子をななめにかぶったヒップホップ・スタイルで登場! 威勢よく現れ…と思いきや「違いますか…?」といつもの低姿勢ですぐに「夕張メロンの果肉の色に合わせた」という、着慣れた(?)オレンジ色に水玉のど派手なスーツに着替え、「夕焼け大将」ならぬ「夕張大将」を歌い歓声を浴びた。

大江さんは映画について「夢を追う姿が素晴らしいと思いました。自分自身を見ているようでございました」とコメント。その後、映画の舞台である群馬の名産品のひとつ、高崎だるまの“ゆうばりバージョン”メロン柄だるまの片目に入江監督がオレンジ色の目玉を書き込み、映画のヒットと今年の映画祭の成功を祈願。ちなみに、もう片方の目は今年のグランプリ受賞者が映画祭の場で書き込むことになるという。

さらに、舞台挨拶後の取材で、大江さんは報道陣の質問に応じ、この日のヒップホップ・スタイルについて「勇気が要りました…」と明かした。ラップについては「最初は“ラッパー”と聞いて、ラッパのことかと思っておりました」と語ったが、今後、自分の歌にラップを取り入れる気は? との問いに「一度、北島(三郎)先生をあの格好で訪ねて、聞いてみようかと思います」と答え、さらに報道陣の求めに応じて「Yo—! Yo—! みんな、Yo—」とラップまで披露してくれた。

第20回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭は2月25日(木)から3月1日(月)まで開催。『SR2 サイタマノラッパー2 〜女子ラッパー☆傷だらけのライム〜』は同映画祭で上映されるほか、2月28日(日)19:00よりスカパーにて放送。今夏には全国劇場にて公開を予定している。

第20回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭
http://yubarifanta.com/index_pc.php
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top