日本人初! 『コララインとボタンの魔女』アニメ界のアカデミー賞で美術賞受賞

最新ニュース

『コララインとボタンの魔女 3D』 -(C) Focus features and other respective production studios and distributors.
  • 『コララインとボタンの魔女 3D』 -(C) Focus features and other respective production studios and distributors.
  • 世界が消えていくシーン。このイラストを見て監督が上杉さんへのオファーを決めた。 -(C) Focus features and other respective production studios and distributors.
  • コララインの衣裳7パターン -(C) Focus features and other respective production studios and distributors.
  • コララインのメインイメージ -(C) Focus features and other respective production studios and distributors.
  • コララインが新しく引っ越したおうち「ピンクパレスアパート」 -(C) Focus features and other respective production studios and distributors.
ダークな世界観とユニークなキャラクターが世界中で愛されている『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督が手がける新たなファンタジー『コララインとボタンの魔女 3D』。2月7日に発表されたアニメ界のアカデミー賞と称される第37回アニー賞において、本作のコンセプト・アートを担当したイラストレーターの上杉忠弘が日本人として初の最優秀美術賞を受賞する快挙を果たした。

元々、風景やキャラクター、都会の風景など独特の色彩と質感で描くことで海外でも高く評価されている上杉さん。本作では、愛らしい主人公・コララインを始めとするキャラクターから建物、すべてのコンセプトを具体的なビジュアルに落とし込んだ上杉さんのイラストを元に、監督が映像のイマジネーションを膨らましていったという点で、上杉さんは非常に重要な役割を担っている。

同授賞式に出席した上杉さんは、この快挙を受け「まさか自分が受賞すると思っていなく、お客さん気分で楽しんでいたので、名前を呼ばれた瞬間は頭が真っ白になりました。監督からもおめでとう、おめでとうと何度も言ってもらえて、とても嬉しい気持ちでいっぱいです」とコメント。スピーチでは、英語で「ありがとうございました、非常にハッピーです」と挨拶し、「自分はアメリカの50、60年代のアニメーションに影響を受けてこの仕事をしています。なので、ここアメリカでこういった名誉ある賞を受けられて光栄です」と喜びを表したという。

また、同映画賞で本作は『プリンセスと魔法のキス』に並び最多3部門、最優秀美術賞、最優秀音楽賞、最優秀キャラクター・デザイン賞を受賞。3D技術と、昔ながらの手作りの手法で緻密に創り上げられた、ストップモーション・アニメとして高い評価を受けた。3月に発表されるアカデミー賞のアニメ作品部門にもノミネートされているとあって、さらなる受賞に期待がかかる。

また、上杉さんは2月8日(月)に帰国、10日(水)に行われる本作のプレミア試写会に登壇する予定。『コララインとボタンの魔女 3D』は2月19日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top