バレンタイン挙式直前の西川史子が心境を吐露 「結婚後も主導権は女性のもの」と強調

最新ニュース

『バレンタインデー』トークイベント
  • 『バレンタインデー』トークイベント
  • ブーケを投げて幸せをおすそ分け!
  • 挙式直前で幸せ満開!
2月14日(日)のバレンタインデーに挙式を控えた、女医でタレントの西川史子が2月9日(火)、映画『バレンタインデー』のトークイベントに参加。結婚直前の心境を問われ「ドキドキとワクワク、どちらの気持ちもあります」と明かした。

映画はバレンタインデーに、恋に結婚にと奔走する15人の男女の姿を描いた群像劇。シャンパンゴールドのゴージャスなドレスで登場した西川さんは映画について「どこか自分たちの恋と重なって共感するところもあると思います。私は、式の直前ということで反省させられるところもあり(笑)、思い返してみて『悪いことしたな』と複雑な気持ちになりました」と映画の感想を語った。

西川さんのバレンタインの思い出はというと「大学のとき、テスト期間中で手作りのチョコを作ることができず、近所のパティシエに『(手作りっぽく)下手な感じで作って!』とお願いしました。『プロだから、そういうことはできない』と言われたんですが、『金ならいくらでも出すから!』と言って作ってもらった。そのとき渡したチョコがきっかけで、ホワイトデーにデートすることになり付き合うことになったけど、彼に『お店のチョコみたいだね』って言われました」とのこと…。

現在の結婚相手をどうやってゲットしたのか? というかなり直接的な質問には「向こうが私を好きになったんで、私がゲットされたんです!」と強調。さらに、男性からのプレゼントに話が及ぶと「私は花だけではなびかない。モノがないと…できればアクセサリーがいい」、「300万円以内のプレゼントなら受け取ります! それ以上だと、ちょっと悪い気がしますね」などなど、結婚を間近に控えても“西川節”は健在!

結婚を決めるとき“運命の赤い糸”の存在を感じたか? という質問に西川さんは「私も、赤い糸についていろんな人に聞いてましたが、ほんこんさんが奥さんとの出会いについて『頭の中でくす玉が割れた』とおっしゃっていた。『私のくす玉はいつ割れるんだろう?』と思ってましたが、私の場合は、くす玉ではなかった。これまで、いろんな人にプロポーズされても『この人でいいのかな?』と迷いがあったけど、今回は迷いがなかったんです」と自身の運命の決断について語った。

この日は、西川さんと同じく2月14日(日)に挙式を控えたカップルが会場に招待されていたが、そのカップルから西川さんに質問! 新婦は「結婚式の準備が大変でケンカすることは? 仲直りの方法は?」と尋ねたが、西川さんは「婚約から式まで半年あって、悩んだり不安になって相手に当たったりすることはありました。謝ろうと思いつつ…なかなか…。まあ、ケンカしながら分かり合っていければ、と思います。ついこないだも彼が『お前は民主党の議員に冷たすぎる』と言ってきて、私は『小沢さんは辞めるべき』って言ってケンカになりました」と明かした。

そして新郎は「いまは彼女が主導権を握ってるんですが、結婚して主導権が女性から男性に移ることはあるんでしょうか?」と質問。これに対し西川さんは「そりゃ(主導権を握るのは)女性ですよ! 当然です」とバッサリ。新郎の淡い望み(?)を斬り捨てた。

トークの最後には式本番の予行演習? 西川さんが幸せのおすそ分けとばかり、ブーケを客席に投げ込んだ。

『バレンタインデー』はバレンタイン本番2日前、2月12日(金)よりより丸の内ルーブルほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top