アンジー、ハイチ大震災被災者と面会。破局報道の英国紙をブラピと共に告訴

最新ニュース

ドミニカ共和国の病院を訪れたアンジー -(C) Splash/AFLO
  • ドミニカ共和国の病院を訪れたアンジー -(C) Splash/AFLO
アンジェリーナ・ジョリーがドミニカ共和国に飛び、8日に同地の病院に収容されているハイチ大震災被災者を訪問した。

AP通信によると、アンジーはハイチの隣国であるドミニカ共和国の首都サント・ドミンゴにあるダリオ・コントレラ病院で治療を受けている数十人の被災者と面会した。同病院のスポークスマンによると、アンジーは院内を回って「何人かの子供たちと、彼女(アンジー)に気づいて助けを求めてきたハイチの女性と言葉を交わしました」とのこと。

アンジーは国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使を務めているが、今回の訪問には同地で緊急援助チームを指揮するUNHCRのゴンサロ・バルガス・リョサ氏が同行した。アンジーはブラッド・ピットと共に1月12日の地震発生直後、現地で活動する「国境なき医師団」に100万ドルを寄付している。

ちなみに今回の訪問にブラピは同行しなかったが、それは破局の兆候どころか正反対。ブランジェリーナは、1月24日に破局記事を掲載した英国の「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」紙を、記事の撤回と謝罪という「妥当な要求」に応じなかったことから告訴したとBBCが報じている。2人の代理人、キース・シリング氏のコメントによれば、昨年末に彼らが面会したと言われる離婚弁護士のソレル・トロープ氏は「アンジェリーナ・ジョリーともブラッド・ピットとも接触したことはない」と明言しているという。



© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top